FC2ブログ

2012-07

きっと僕らはどこへだって飛んでいけるのだ。

稽古と公演準備と仕事と、あと、あれやこれやと、
とてもあわただしい毎日。

今、自分が何をやってるのか、何を考えてるのか、
わからなくなる瞬間がある。

ちょっと待て、落ち着け、頭冷やせ。
そう思ったので、図書館から借りてきた
「シェイクスピア作品ガイド37」を開いてみる。

この、なんとも安っぽいタイトルに笑っちまうが、
おまけに、本作りの発想もとても安直な本なのだが、
じつはおいら、ひそかにこの本のファンです。

シェイクスピアの全作品それぞれの、
いろいろな舞台写真が並んでいる。
蜷川幸雄もあれば円もあれば自由劇場も…
当たり前のことだが、劇団や演出家によって芝居のスタイルは千差万別。

もちろん同じ役でも演じる役者はいろいろ。
太地喜和子、南果歩、島村佳江など、
いろんな女優が演じたジュリエットが並ぶページなんか
すこぶる楽しいぜ。

ひとつの戯曲には無限の数の世界への入り口がひそんでいる。
そう思いながら眺めてると、
自由という言葉が、大きな翼を広げて、
おいらをどこかへ連れ去ってくれそうな気分。

飛べ飛べ飛びやがれ。
あー、よし、明日も頑張ろう。







スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示