2013-01

心地よいもの、心地よくないもの

昨日はシアタートラムで砂地の『DISK』、
今日はミニシアター1010で時間堂『テヘランでロリータを読む』。

もちろんそれぞれに感想はありますが、
今こうしてボンヤリ思うのは、
心地よい舞台、心地よくない舞台があるよなあ、ということ。

芝居の内容云々ではなくて、
「観劇という体験が心地よいものでありたい」
という願いは、多分とても重要なのだ。

そんなこと考えてる日曜日の夜です。

三軒茶屋のTSUTAYAで
フェリーニの『アマルコルド』のVHSを発見、
やっぱ、あるところにはあるのだ。

今夜は豪華客船の場面だけでも観ようかな。

良い週末でした。


スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表によるブログです。
前向きに更新します。

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示