2013-04

明日から5月

『ラジエーター』の稽古、始まってます。
配役がまだ決まってないので、
脚本の一部を繰り返し読み合わせしている段階。

しかし、これがとてもおもしろい。
ノーチラスに初出演の役者さんもいるので、
「ああ、この人はこんなセリフの出し方をするのか」
「この人とこの人とが会話するとこうなるのか」
といった発見の連続。

よく知ってる役者さんでも初対面の人と会話すると、
今まで知らなかった感じになったりする。
人間て不思議です。

で、そういうのを聞きながら、
まだ書いてない部分の脚本に、頭の中で、
新しい場面が付け加えられたりする。

「このふたりの会話、もっと聞いていたいから、
こんな場面を増やそう」とかね。

そういうことがあるから、
今の段階は僕にとってはとても貴重です。
役者さんたちは早く先に進みたくてたまらないだろうけどね。

明日から5月。そう思ったら、
ビージーズの『若葉のころ』を聴きたくなった。

高校時代、ぼくの故郷にたったひとつだけあった名画座で、
何度も観た『小さな恋のメロディ』という映画。
その中で流れていた曲。

まさに「5月」を歌った曲です。
季節としての、そして人生の中の5月。

ん? 今、僕の人生は、何月頃なんだろうな。

じつは『ラジエーター』にこめた思いのひとつは、
この、やけに純情な映画にも通じています。

あー、何年ぶりかに聴くビージーズは、
なかなか「きます」なあ。


着々と積み上げられていく『ラジエーター』、
乞う御期待です。









スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表によるブログです。
前向きに更新します。

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示