FC2ブログ

2014-07

3分間だけ待てばいいんだ

暑くて眠れなくて、ベッドでゴロゴロするのも飽きて、
夜中に『濱マイク』をボンヤリ眺めてた。

浅野忠信が出てる『1分間700円』という話は、
3分間写真のボックス=教会の懺悔室
という相似形を思いついたときに生まれた物語だろうと、
勝手に想像してる。

で、『バッファロー’66』の中で、
ヴィンセント・ギャロとクリスティーナ・リッチが
ふたりで写真を撮影した3分間写真のボックス、
あれもやっぱりボックスから生まれた物語なんだろうと、
勝手に疑ってる。

フリーライターという仕事では食べていくのが難しいと悟り、
ネット社会の誕生を恨むのもバカバカしいと思って、
2年前、何か他に仕事しようと決めて履歴書用の写真を撮った。

3分間であからさまになった、今まで生きてきた時間。
その時間が創り上げた自分の顔。

人間は、いくつになっても、そうやって、
自分と向き合わされるものなのかな。

街のあちこちに3分間写真のボックスがあるのだから、
人はときどき、とくに写真の必要がなくても、
そこに入って自分の顔を撮影してみる、というのはどうだろう。

会社のランチ帰りや、デートに行く前や、
誰かに嘘をつく決心をしたときや、誰かに裏切られた帰り道や、
親が死にかけているときや、人と話すのが面倒臭くなったときや、
どんなときでもいいから、
ふっと、あのボックスに飛び込んで、自分の顔を撮影する。

もしかしたら、入る前と、出たあととでは、
少し人生が変わっているかもしれないよ。

そんな気がします。
で、今、ぼくは、どんな顔してるのだろう。






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示