FC2ブログ

2015-01

言葉なんか覚えるんじゃなかった。

「言葉なんか覚えるんじゃなかった」
というのは詩人田村隆一が残した言葉だけど、
きっと誰もが1度や2度は、いや、もしかしたら何度も何度も、
そんな思いをしながら生きてるんだろうな、
などと、風の音を聞きながら思います。

言葉なんか覚えるんじゃなかった、
という切ない言葉を、
人間は言葉でしか表現することができない。

言葉を覚えてしまったからこそ、
言葉なんか覚えるんじゃなかった、と思ってしまう、
その、歯がゆい堂々めぐり。

過剰な言葉でゴテゴテ飾られた脚本、
説明過剰なセリフの連続にウンザリする。
「これでは、役者が、人間が、存在する余地が無いじゃないか」

へたに言葉を知ってるから、
へたに考えてしまう、
言葉は、どこまでいっても、しょせん言葉でしかないのに。

だれだって知ってるはずの、そのことを忘れて、
言葉にふりまわされ、言葉をありがたがり、
言葉にすがりつき、言葉に絶望し、
次の言葉、また次の言葉、そしてその次の言葉を欲しがる。

そんなことばかりの毎日のような気がします。

へんなこと言うようだけど、
言葉の数を、今の10万分の1くらいに減らせないだろうか。

「好き」「嫌い」「おいしい」「暑い」「寒い」……
そんな単純で短い発音の言葉だけでも、
この世の中は十分に成り立っていけるような気がする。

国語辞典は、ほんの2、3ページで十分に事足りる。
誰もが言葉少なく会話する、1文節、まあせいぜい3文節くらいで。

「好き?」
「好き」
「ぼくも」
「同じ」
「食べる?」
「食べる」
「おいしい」
「おいしい」

そんなんで日常生活を送ることができたら、
ああ、どんなにいいだろう。
言葉で説明できない分、だれもが、
もっと優しく、もっと思いやりをもって、
人と向き合うような気がする。

言葉なんか覚えるんじゃなかった。
そうだよ、人間が生きるということは、
言葉に復讐され続ける、ということでもあるんだよ。



スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示