2016-12

2016年ありがとうございました

年末年始だからといって何か特別なことするわけでもなく、
しかし、ふだんよりも人の多い阿佐ヶ谷の商店街を歩きながら、
1年が終わって、また新しい1年が始まるのを感じています。

一昨日まで図鑑の校正の仕事があり、もちろん病院仕事もあり、
あわただしさの中、九州のほうから想像もしなかった知らせが届き、
頭の中が混乱して、その動揺を引きづったままの大晦日。
いきなり目の前に深い深い選択肢を突き付けられたみたいで、
なんでこのタイミングなのだろう……と睡眠不足ぎみ。

まあ、でも考えてみたら、生きるってこんなことの連続でもある、
今までだって、そうだったな、なんて妙に達観したフリをしてみるけど、
あくまでも「フリ」なのが自分でもわかってます。
それでも時間は進んでいき、確実に新年はやってくる。

年をとるにつれて、時間の進む歯車の音が、
だんだん大きく、耳元で聞こえるようになりました。
そんなこと考えている年の瀬です。

今年も、たくさんの人たちにお世話になりました。
新しい人たちとの出会いにも恵まれ、
思いもかけなかったことが起こり、
それでも多くの人に助けられて、やってこれました。

『紙の方舟』『ミニチュア』2回の公演をやりましたが、
本当に濃厚な時間でした。
役者の皆さん、スタッフの皆さん、そのほか支えていただいた皆さん、
そしてシアターノーチラスの舞台に足を運んでくださった皆さん、
本当に本当にありがとうございました。
とても貴重な、大切な、忘れることのできない時間をいただきました。
心の底から感謝しております。

20回目の記念公演を無事に終え、21回目で新しい1歩を踏み出し、
清々しい気持ちで新年を迎えることができるのは、
ノーチラスの芝居に関わってくださった方々、
そして観にきてくださった大勢の皆さんのおかげです。
なんか、言葉で書いてもなかなかうまく伝わらない、
この気持ちどうやって記せばいいのだろう。

今は、ともかく、素直に、すごくまっすぐな気持ちで、
皆さんに「ありがとうございました」と告げたい、ただもうそれだけです。
その感謝の気持ちを残しておきたくて、
今朝はこのブログを書いています。

劇団を立ち上げて10年目で20回目と21回目の公演、
そのキリの良さがとても気持ちがいいのですが、
来年は3月に22回目の公演をやります。

HPやコリッチではすでに情報公開していますが、
以下、3月公演の概要です。

●●●

シアターノーチラス♯22

『うつろな重力』

私たちは憎む、
私たちは妬む、
私たちは疑う、
私たちは祈る。

● 2017.3.15(wed) ~ 3.19(sun)
●東中野/RAFT


不幸な姉と幸福な妹、
ふたりの運命に「呪い」がかかり、
何かがゆっくり、歪んでいく

■ cast
木村香織( theaternautilus )
川田小百合
山口真央
南綾希子(トリコロールケーキ)
山崎拓也(にたまごカンパニー)
新名亜子
今村幸市( theaternautilus )
高島桂介

■ staff
作・演出/今村幸市
演出補佐/渡辺大介
照明・音響/ studio205
美術/螺旋天国
宣伝美術/高尾静(空空 -karakara-)
web /三上真由、木村香織
制作/シアターノーチラス

●●●

年明けから稽古が始まります。
劇団員木村香織とともに、
新しい役者さんプラスなじみの役者さんを迎え、
新しい世界を創り出します。

ぜひまたRAFTへ足をお運びください。
お待ちしております。



本当にいろんなことがあった2016年さようなら。
また2017年にお会いしましょう。

では、どちら様も良い新年を迎え下さい。


シアターノーチラス 今村幸市



スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表によるブログです。
前向きに更新します。

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示