FC2ブログ

2018-02

1冊の本を探すということ

去年ものすごく話題になった、香港を舞台にした華文ミステリー、
陳浩基の『13・67』があまりにも面白かったから、
2012年に出版されたこの作家の『世界を売った男』を読もうと、
ネットでずいぶん調べてみた。

でも考えることはみんな同じみたいで、どこも売り切れ。
文藝春秋は当然重版するだろうけど、いつになるやら。
Amazonで中古品が2万円以上の値段、
新品は3万円ですぜ。もともと1200円の本なのに。

「本が売れない」と言われてもう長くなるけど、
良い本、面白い本は、やっぱり売れるのだ。当然だけど。

ところで、『世界を売った男』には電子書籍もあって、
これが1000円。

これって、どうなんだろう、紙の本が手に入らないなら、
電子書籍でもいいから読もう……と考える人は、
一体どれくらいいるのだろう。

おいらは電子書籍で読む気にはならないからパス。
じつは都内の本屋かなり歩き回って探してるのだけど、
これからもしばらくは探すよ、古本屋も含めて。

でも、紙の本が無いなら、電子書籍でもいいやって人が、
やっぱり増えてるのかな。どうなんだろう。

『13・67』は本当に面白いです。
ウォン・カーウェイが映画化権を買い取ったらしいけど、
すごく楽しみだな。早く観たい。
香港を舞台にした警察小説の連作。
内容は全然違うけどケン・リュウ『紙の動物園』読んだときの衝撃に匹敵。

にしても、電子書籍か……
なんて時代なんだ。
おいら絶対











スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示