FC2ブログ

2019-03

米朝会談のニュース見てて芝居の稽古を思い出した

早朝からEテレでモンゴルの大平原で生きている
マヌル猫について学びました。
隠れるものが何もない平原で野ネズミなどを捕まえて生きてる、
だから顔や姿が独特な感じ。ワイルドなマヌル猫。

今この瞬間にもモンゴルではマヌル猫が、
穴から顔を出した野ネズミを狙っているのでしょうか。
がんばれ、マヌル猫。

ブックオフで真藤順丈『地図男』を発見、ずっと気になってた。
昨夜は『地図男』を読み、途中で『トクサツガガガ』最終回を見て、
でもって、また『地図男』に戻る、そんな金曜日の夜でした。

『トクサツガガガ』は、おとなになっても特撮オタクのままのOLが、
それを周囲に隠しながら生活する日常を描くドラマですが、
そのマイノリティの生きにくさが共感を呼んでるようです。
ドラマの主軸はあくまでも「OLとしての日常」だからこそ面白かった。

それはそれとして、特撮オタク=マイノリティ、というのは、
果たして本当にそうなのか?という素朴な疑問も感じます。

芝居やってて自分よりかなり年下の人たちと接していると、
大多数の人がアニメや特撮ものやジブリを見て育ち、
それらから大きな影響を受けているように見えます。

それに対してぼくはアニメも特撮ものもジブリも見てない。まったく無知。
ガンダムもルパンも仮面ライダーもナウシカも知りません。
芝居やってる人たちの中では、ぼくのほうがマイノリティです。

そういう環境もあります。どんな集団にも多数派と少数派があり、
少数派はちょっと窮屈で生きにくいということなんでしょうかね。
いや、ぼくはとくに、そういう面で生きにくいと思ったことはないけど、
そういう部分で悩んだりしてる人も、きっといるのでしょうね。

『トクサツガガガ』、今度は北代さんのスピンオフやってください、ぜひ。

さて、米朝会談の「その後」が気になりますね。
キャスターや評論家たちは、みんな口々に、
「これからも対話は続けていくと言ってますからね……」
という点をやたらと強調してます。

でも会談後のふたりの表情を見たら、
本当にそんな楽観視できるか?と思います。
見ようによっては双方とも「2度とアイツとは会うもんか」って顔。

おまけに北朝鮮のほうでは亡命政府まで樹立したみたいで、
おかしな方向に行かないように祈るばかりです。

なぜ今回の会談が決裂したのか、について、いろんなメディアが、
ふたりの表情や発言を時系列で追って分析してますが、
それを読んでると、クイーンやヴァン・ダインの推理小説を連想します。

容疑者たちの言動をつぶさに分析して真犯人にたどり着く、
まさにあれと同じ。探偵の謎解きです、まさにまさに。
ヴァン・ダインの『カナリア殺人事件』を思い出しました。

なんにしても、この世界の重要な課題についての会談の結果も、
たったふたりの人間の会話で決まってしまうということに、
今さらながら気づかされます。

ひとつの言葉、ひとつの表情が会話の流れを決める。
ちょっとした言葉使いが相手の気持ちを変えたり、
なにげない視線が相手を不快にしたり、そんなこともあるだろうし。

テーブルの上のコーヒーの味がうまいかまずいかによっても、
気持ちは変化するかもしれないし。そしてその結果、
会談の流れが大きく変化し、人類の未来が変わることもあるかも……

芝居の稽古では、役者同士で、
「そのセリフの言い方だと、次の私のセリフが言えない」
みたいなことがよくあります。
ひとつのセリフが、次の相手のセリフに大きな影響を与えます。
ひとつの表情が、相手の感情の流れに大きな影響を与えます。
おそらく誰の日常会話も、そうやって成り立っています。

米朝会談も、きっと、「自分は次にこんなふうに言うつもりだった、
でも相手がこんなこと言うから、言うつもりだったことが言えないなあ」
なんてことが、多分あるんじゃないかと思うのです。

人類の未来を左右するかもしれない大切なことが、
そんなふうに、ふたりの人間の会話の、ちょっとした匙加減、
ちょっとした偶然の積み重ねの果てに決まるのだとしたら、
なかなか怖いことです。

でもやはり歴史というのは、そうやって、ごく少数の人間の、
なにげない言葉のあや、心の機微、その他のいろんな偶然、
そんなことで変わっていくのかもしれません。今までも、きっと。
今回の会談のニュース見てると、そんなことを考えてしまいます。

モンゴルの大平原で野ネズミを狙って生きてるマヌル猫のためにも、
世界の未来が明るいものでありますように。











スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示