FC2ブログ

2019-03

3月3日にふさわしい映画鑑賞でした

日曜日なのに原稿仕事の締切りがひとつあって、
朝から「日曜日特有の倦怠感」と闘いながらやっと仕上げて送信。
がはは。よくやった。

3月3日は女子の節句なので、それにちなんで(嘘です)、
午後からは『ヴァージン・スーサイズ』を鑑賞。
フランシス・フォード・コッポラの娘ソフィアの監督第1作です。

この女流監督は、この作品の数年後に、
『ロスト・イン・トランスレーション』という傑作を作ります。
『ロスト・イン・トランスレーション』は人間の言葉とか会話にひそむ
絶望的な空虚さを描いた映画ですが(東京が舞台です)、
『ヴァージン・スーサイズ』も、ちょっと似た感じの映画でした。

両親と暮らす、全員が10代の5人姉妹の話。
厳しい母親の支配下に置かれて暮らす5人のうち、末っ子が自殺。
それ以降も母親の歪んだコントロールと支配が続き…みたいな物語。

これ、最後どうなるかを話さないほうがいいのかな。
ネタバレになるのかな。書いたら、叱られるんだろうか。
いや、この映画に関してはラストを隠す必要ない気もするが……

ちなみに原作の小説は、タイトルからして思いっきりネタバレしてます。

10代の頃、同世代の女の子はとても神秘的で理解不可能な存在でした。
まあ、それは今でもあまり変わってませんが……
でも、そんな10代の少女たちの、とても危うい内面を、
それがさっぱり理解できない同級生の少年の視点から描かれていて、
そのせいか、物語の結末も、妙にストンと腑に落ちました。

ソフィア・コッポラって、やっぱりすごい監督なんだな。
『アメリカンビューティー』とか『普通の人々』なんか好きな人は、
ぜひオススメです。

……と、ブログを書きながら窓を全開にしています。
雨が降ってると、なんだかホコリが舞ってなくて、
空気そのものが水洗いされるような感じ。

明日はいい天気の月曜日でありますように。










スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示