FC2ブログ

2019-03

餃子の王将水道橋店との再会

昨日ここに書いた『BUNGO』というオムニバスには、
岡本かの子の『鮨』のほかに、坂口安吾『握った手』と、
林芙美子『幸福の彼方』の映画化作品も収録されていて、
昨夜はその2本を観て、ひさしぶりに「探偵濱マイク」を観てから、
さあて寝ようかと思い、DVDをとめたら一瞬テレビの画面になって、
たまたま、餃子の王将・水道橋店が映し出された。

おおおおおお、懐かしい!
最初に就職した出版社のすぐ近所、毎日のようにここで食べてました。

今もあるんだーー、なんか嬉しくなってそのままテレビ観てました。
『タモリ倶楽部』だったのですが、
餃子の王将・水道橋店で学ぶ本場の中国語みたいなテーマ。

それを知って、再び、おおおおおおおおおお!
そうなのです、ぼくもこの店では中国語を聞いて覚えました。
オーダーのときが、なぜか中国語、しかも大声で。
それが面白くて、同僚や出入りのライターさんとよく食べにきて、
餃子や炒飯のオーダーを真似してました。
文章のネタにもしてました。

それとまったく同じことを『タモリ倶楽部』でやってる!!
ぼくらが何十年も前にやってたことを、ついに『タモリ倶楽部』が!!

当時すごくかわいいバイトの女の子が働いていて、
ライターのひとりがその子を好きになり、
その子が大声で中国語でオーダーする声が聞きたくて、
わざわざ中華丼を注文する、みたいなことやってた。
ああ、なんという青春の日々。餃子の王将の日々。

今もつぶれずに残ってるのは本当にうれしい。
勤めていた出版社は、とっくにつぶれましたが……

そんな懐かしい青春時代(笑)を思い返すのに
ちょうどいい天気の土曜日ですね。
さっきまで仕事してました、「土曜日の昼までに送ります」なんて
自分で宣言してしまった原稿を、どうにか送り終えて、
やっと土曜日らしいのんびりした気分。
ソワレのごはんも上げてきました。

なにもかも許せてしまえそうな午後、
そして、なにもかも許してもらえそうな午後、
いや、そううまくはいかないか。

もう桜の話題やってました。
そんな季節なんですね。なんて平和な午後。









スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示