FC2ブログ

2019-09

これから暴風雨になるなんて本当だろうか?

今日は起きるのが遅かった。深夜まで映画を観てたから。
とても良い映画で、期待以上で、なんかすっかり満足して、
その映画のことをネットでいろいろ調べていたら、
世の中にはその映画のことを駄作だの観る価値ナシだのと言ってるヤツが
意外とたくさんいることを知り、このバカどもめがと思いながら眠った。

いつもより起きるのが遅いと気分がなかなかシャキッとせず、
朝からソファに寝転がって、ある小説を読んでいたのだけど、
最初の15ページくらいですごくつまらなくなって、
あとは惰性で斜め読みしていたら、どんどんズルズルと面白くなくなっていく。

こういうときどうすればいいのだろう。読むのをやめるか。
しかし、今やめてしまえば熱心に読んでいた最初の時間が無駄になる。
なんかそれもシャクだな。最後まで頑張って読むか。

そう思ったけど、心は正直。面白くない小説は、どうやっても面白くない。
この作家の、前に読んだ小説はむちゃくちゃ面白かったのになあ。

夏の初めに『罪と罰』を読み、それをきっかけにして、
今年の後半はドストエフスキーの4大長編を読破するという目標をたてた。

4大長編のうち、『白痴』以外の3つは学生時代に読んだ。
中でも『悪霊』がすごく印象的だった。

で、先週から『悪霊』を読んでいるのですが、
最初の300ページ読んでも主人公のスタヴローギンが登場しない。
あれ、こんなんだっけ?と思いつつ、
300ページ過ぎたあたりから、ようやく「本題」が始まったという感じ。
まあ、いいか、まだ9月だ。絶対に目標達成するぞ。

いや、「4大長編を読んだからって、それがどうした」っていうのはある。
べつに無理して頑張ってヒーヒー読むことはない。
他にも面白い小説たくさんあるし。
今さらロシア人の名前と格闘しながら苦労して読まなくてもねえ。

でも今年はいろいろ長いの読んでるし、こういう年が1年くらいあってもいい。
長編を読む1年。

とはいえ、途中でいろんな小説に寄り道するからなかなか進みません。
それが問題。

ところで、久しぶりに脚本をいくつか書いていて、
といっても、どれも短編なのだけど、
前々から頭の中にあったアイデアを、今になって文字にしています。
思いついた以上は、外の世界に出してやらにゃあと思いまして。

書き始めると、これは誰々にやって欲しい役だとか、
この場面のセットはこういうのがいいとか、
この役の衣装は絶対にこういうのにしようとか、
あれこれ考える。

上演するアテのない脚本だけど、だからかえって自由に思いが広がる。

今まで、どうしてそういう気持ちで書いてこなかったのだろう、
なんて今さら思い返してみたりもする。

自由になるのは、難しい。
人間は、無器用。

あ、冒頭に書いた、昨夜の映画は『シェイプ・オブ・ウォーター』です。








スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示