FC2ブログ

2019-10

当たり前のものが、いきなりなくなる

あって当たり前だったものが突然失われることの悲しさと空しさ、
首里城の火災の映像を見て、あらためてそのことを思いました。

ノートルダム寺院の火災のときにも感じたし、
熊本地震で被害を受けた熊本城の映像でも感じたこと、
「あって当たり前のものなんて、ないのだ」と思います。

もちろん、台風の水害で家を失ったり家族を亡くしたりした人も、
やはり「あって当たり前のものなんて、ないのだ」と、
今、心から感じているのだと思います。

あらかじめ予想できた場合と違って、
まったく予期してなかったときに、いきなり失われてしまうと、
やはり気持ちの準備ができないし、
なのに、すぐに即座に、その現実と向き合わなければらない。

でも人間は、そんなに器用ではないから、
現実を消化して受け入れるまでには、本当は時間がかかる。
その時間を与えられないのは、とても残酷です。

沖縄の方には心からお見舞い申し上げます。

今朝いつもどおりに5時頃に目が覚めて、
マチネにごはんをあげようと思って起き出す前に、
とりあえずテレビをつけてみた。
自分でも意外なくらいに衝撃的な映像でした。

長く生きてる間には、だれもが経験するのかもしれません。
「昨日まで当たり前だったものが、今日はそうではない」ということ。

そう考えると、常日頃からいろんなものを大切にしておこう、
なんて殊勝な考えも浮かぶけど、そういう感情は長続きしない。
すぐに日常に埋没してしまう。
でもきっと「喪失」は、身近なところにひそんでいる。

今日はなんだか首里城のニュースが気になって、
1日中、テレビをつけたり消したりしてました。

ちなみに、朝、マチネにゴハンあげるのを忘れました。
マチネもいい災難です。








スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示