FC2ブログ

2019-07

ふたつの「予想外」

秋になるために必要な雨、そう思うと、悪くない感じでした。
さて、まめに更新します。

劇団を初めて7年か8年になるのかな、いくつか予想外なことがあります。

ひとつは、自分自身の「いけるところまでいってみたい」という思いです。

劇団を始めたのは、ちょうど彼女と別れたりしてポツンとしていた時期。
家族的な気持ちの仲間が欲しい、という単純素朴な願望から、
「長年の夢だった劇団をやろう」と立ち上げました。

大きな劇場で大勢の観客の前で…という願望は一切ナシ。
仲間内で楽しめる暖かな人の集まりができればいいな、という感じでした。

ところが気がつくと、「もっといい芝居を創りたい」「もっと大勢の人に見て欲しい」。
なぜこんなに変わったのだろう。いい芝居、という言葉はあまりにも漠然としていますが、
ともかく「いけるところまでいってみたい」という、この感情が、
今の自分を突き動かしています。

これは、まったくの予想外でした。

そして、もうひとつの予想外。
それは、つねにつきまとう寂しさ。
作・演出という立場は、ともかく寂しいものらしいです。

稽古から公演にかけては、役者たちとワイワイ一緒に芝居を創ってる。
大勢でひとつの作品を創る、その混沌とした熱意の中にいる。

ところが、公演が終わってしまうと、ひどく孤独です。
誰にも声をかけてもらえない、こっちから声かけても反応がない。

役者たちは、みんなで飲みに行ったり焼き肉いったりしてるようです。
しかし、僕にはまったく声がかからない。
役者同士のつながりはあるようですが、
そこには作・演出である、ぼくの場所はどこにもありません。

これは本当に寂しいものです。
ついこの間までひとつの作品を作っていた仲間だと思っていたのに、
自分だけが呼ばれないというのは、正直けっこうショックです。

「まあ、そういうもんだ」ということかもしれませんが、
何度経験しても、全身から力が抜けていくような孤独感はなくなりません。

宿命なんですかね。

ぼくは、なんとなくこんな場面を想像していました。
稽古中でなくても、芝居を創る仲間が集まって、
酒飲んだり焼き肉食べたりしながら、
今度やりたい芝居、いつかやってみたい舞台、
目指してる夢、抱えてる悩みなんかを語り合う、
で、そんな会話の中から、次の、新しいものが生まれるきっかけが見つかる……

ぼくが芝居を始めたときに思っていた「家族的な温かみのある仲間」というのは、
つまり、同じひとつの理想を持っていて、それについて語れる人々のことです。

公演が終わっても、きっとみんなで芝居のことを語るんだろうなと、
漠然と思っていました。しかし、現実は違った。

役者たちは公演後も飲んだり食ったりするらしいのですが、
ぼくは、声もかけてもらえず、しかし「そういうことをやってるらしい」
という噂だけは耳に入ってきて、何か、あたまの中が真っ白になる……

毎回そんなことの繰り返し。

稽古場では、ぼくは役者たちに、
「演出家は神様じゃない。あがめたてまつる必要はない」
「演出家も役者も、ひとつの作品を磨きあげていく仲間であり、
同じ立場の創造者なのだ」ということを、
何度も何度も言い続けます。
それがぼくのポリシーだからです。

だから、特別な演出家席みたいなものを作ってもらうのは断っています。
何でも言いたいことは言ってくれ、というのが、ノーチラスの稽古場です。
その自由と平等の中から、本当にいいものが生まれる。
そう信じています。

そして、同じ創造者として、公演が終わっても、
一緒に語りたい、次のことを話したい、いつもそう思っています。

しかし、現実は厳しい。
役者たちの集まりには、ぼくは呼ばれません。
いつもポツンとしてるだけ。

一緒に芝居のことを語れる仲間なんて、
だから、今だに皆無です。そんな気がします。

これも、予想外のことでした。

家族のような仲間が欲しい、と思って始めた劇団なのに、
自分だけ、そこに入れてもらえない、みたいな感覚。

何なんだろう、これは。

「そんなもんだよ」ってこと?
諦めるしかないのか?
これが、いつまでもいつまでも続くのか?

しかし、これは正直、けっこうキツイ、つらいものです。

この孤独感。

「ポツン」という音が頭の中で響いてる。

芝居を続ける限り、ずっとこうなんだろうか。

今日の雨は、なんだか身にしみました。














スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/1037-a28fb7e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示