FC2ブログ

2019-02

芝居をやる理由

演出もつまずく、役者もつまずく、
みんな必ずつまずきます。
それが芝居だと思います。

つまずくことなく創り上げられた芝居なんて、
きっと魅力のないもの。
つまずいてこそ、いいものができる。
というのは、負けおしみではないです。

「紙の方舟」も、そうやって少しずつ作られていき、
本番まであと1週間となりました。

通し稽古を見た関係者には好感触です。
僕自身、思った以上の手ごたえを感じています。

実際に起こった出来事「イエスの方舟」事件を題材にした今回の芝居、
けっして、その事件の再現ドラマではありません。

1970年代という「時代」を背負っていたイエスの方舟事件が、
もしも2016年に起こったらどうなるか?
……という、「イフ」の世界を描いた「紙の方舟」。

イエスの方舟ならぬ「紙の方舟」が、
2016年という時代をどう映し出すか?
そんなことを考えながら作っています。

誰もがたくさんつまずいています。
でも、それだけの価値のある舞台にしたくて、
みんな前向きです。

来週の水曜日が初日。
待ち遠しくてたまりません。



スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/1095-69fdc9f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示