2017-10

もっと大きなもの

バイト先で手術室の掃除をしながら
いつの間にか眠っていました。
こんなことは初めてです。

でも、きっとぼくは幸せなのだと思います。
自分が好きなことのために時間とエネルギーを費やし、
あと数日に迫ってきた公演のためにクタクタに疲れ果てる。

そのための仲間も大勢いる。
観にきてくださるお客様も大勢いる。
クタクタに疲れ果てても、それで幸せです。

好きなことのために生きる人生、
こんな幸せなことはないと思います。

稽古場に向かうために環七を自転車で走っていたそのとき、
ヤフーの号外で蜷川幸雄さんが亡くなったことを知りました。

蜷川幸雄の舞台を観て芝居にハマッた人は大勢いるでしょう。
ぼくもそのひとりです。舞台の魅力を教えてくれた人でした。

でも、それだけではない、もっと大きなものも知りました。
いくつになっても、自分が好きなものに夢中になる。
好きなもののために笑い、怒り、挑発し、喧嘩を売り、
悩み、苦しみ、発見し、挫折し、そして生きる。

天才とは「好きなもののために、
本当に夢中になれる才能を持った人」だということを
教えてくれた人のような気がします。

80歳で亡くなった蜷川幸雄さんですが、
きっとその最後の最後の瞬間まで
頭の中は芝居のことでいっぱいだったはず。、

ぼくもそうありたい、最後の最後の瞬間まで、
自分が好きなものに夢中でいたい。
そうして生をまっとうしたい。

芝居がどうのこうのではなく、
生きるということに対する、もっともっと大きな喜びを、
教えてくれた人だったと思います。

何かを好きになる、夢中になる、没頭する、
その先にある人生の喜びをあらためて思いました。

そんなことを思いながらの、今日の稽古でした。
みんな、お疲れさまです。





スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/1096-1b511a6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表によるブログです。
前向きに更新します。

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示