2017-10

『紙の方舟』初日です

おはようございます。
『紙の方舟』初日の朝です。

何度公演を重ねても、初日の朝というのは、
なんだか清々しくて良い気分です。
昨日と違って、空は青くてスッキリしてるし。
「よっしゃああああああ!」という感じ。
申し訳ないが、気分がいい。

今、役者さんたちは、どんな思いなんだろう、
もうすぐ劇場に入る準備してるだろうけど、
どんな気持ちでこの日の朝を迎えてるのだろう。

『紙の方舟』は、いつも以上に悩み苦しんだ芝居でした。
稽古期間中あまりブログ更新できなかったし、
他のこともほとんどやれなくて、稽古のことで悩んでばかりいました。

「家族」がキーワードの芝居ですが、
稽古期間中に郷里熊本で大地震が発生し、
連日、妹と連絡を取り合ったりもしました。
そんな形で「故郷」と向き合うのは、皮肉な偶然でした。

いろんなことがありましたが、
つねに真摯な気持ちで脚本と向き合ってくれた役者さんたちに支えられ、
こうして初日を迎えることができました。

いろいろな「ノーチラス流」に戸惑い、苦しみ、イラだったと思うのですが、
それでも何も言わず、黙々と芝居に取り組んでくれた役者さんたちに、
すごく感謝しています。本当に本当にありがとうございました。

今回から舞台美術をお願いしているキンザさんに
丹念に作っていただいた舞台は、
想像力と創造力をかきたてられる刺激的で不思議な世界です。
完成した舞台を見たとき、すごくドキドキしました。

この舞台の中で繰り広げられる物語を、
早く皆さんに観ていただきたいです。

いいとか悪いとかじゃない、好きとか嫌いとかでもない、
ただもう、そこに「人間」がいることに、向き合って欲しい。
ただもう、それだけです。

いつも思い描くイメージがあります。
古ぼけたトラックに必要最小限の芝居道具と生活道具を積んで、
何人かの役者たちと、あてもなく旅する旅芸人の暮らし。

気の向いたところでトラックを止める、
「よし、今夜はここで芝居をやろう」のひと言で、
そこが舞台になる。
ビラを配り、呼び込みをしてお客さんを集め、
一夜限りの芝居が始まる。

いつか本当にそんな暮らしができたらいいな。
名前も捨て、戸籍も捨て、過去も捨てて、旅芸人になりたい。

今のぼくの生活がそんなものだとしたら、
初日を迎える今朝は、
ちょうどトラックを止めて、お客さんの呼び込みをする頃に当たるのかな。

さあさあ、いらっしゃいいらっしゃい!
御用とお急ぎでない方はぜひぜひシアターノーチラスへ!
面白い芝居が始まるよーーー!!

本日初日は19時開場、19辞30分開演。
当日券も数枚出ます。

お待ちしてります!!

http://ticket.corich.jp/apply/72173/001/










スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/1097-98f8d086
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表によるブログです。
前向きに更新します。

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示