2017-10

「ミニチュア」始動

ようやく9月公演に向かって始動です。
情報解禁ということで、ここにも掲載します。



シアターノーチラス♯21
『ミニチュア』

目をつむり、息をとめ、手を離したら、
一体どこまで堕ちていくんだろうね。

2016年9月23日(金)~27日(火)
新宿眼科画廊

【出演】
木村香織(theaternautilus)
小川麻里奈(パフォーマンスユニットkasane)
巻マキ
花井真梨奈
近藤光(東京VATS)
戸塚るり
ふじおかいさお
【作/演出】
今村幸市



脚本執筆中ですが、今回はいつにも増して、
書きながら登場人物に少しずつ愛着が湧いてくる。
それには理由があって、
自分にとってなじみ深い世界を描いているからです。
世界というか、業界? ぼくが長年生きてきた場所?

そんな意味でも、この芝居を観た人が、
そのリアリティを楽しんでもらえたらなあと思います。

稽古開始が楽しみです。
役者さんの紹介は、いずれまた。

金曜日は、ぼくが劇団を立ち上げた頃からの仲間たちと飲み会。
21回目の公演への弾みをつけようと思ったのですが、
すごくいいなと思ったのは、
そうやって集まった時、過去の思い出話よりも、むしろ、
「これから」のことを語る時間のほうが長いこと。

夢も理想も不安も危惧もすべて混沌としてるけど、
ともかく今、興味があるのは、これからのこと。
「まあ、過去にはいろいろあったけど、
今こうして一緒に飲んでるんだから、それでいい、
とりあえず今は、未来のことを考えようよ」
という暗黙の了解があって語り合う。
それがすごくいい。

きっとみんな、いい意味で、
ノスタルジーに浸ってる場合ではない。
今さら変えることのできない過去をどうこう言うよりも、
時間の先にあるものを考えよう。

そんな意味でも、ぼくは仲間に恵まれたと思います。

それからもうひとつ思うのは、
こうやって平穏無事に「未来」について語ることができるのは、
本当に幸せなことだということ。
日本は平和で幸福な場所。

毎日のように世界のどこかでテロやクーデターが起こり、
数百人単位の犠牲者が出ている。
ニュースを見ても「またか」と思うくらい感覚が麻痺している。

でもよく考えたら、世界には、
「未来」のことがまったく不透明というか、
「未来」があるのかどうかもわからない国がたくさんある。

あちこちで局地戦が頻発しているようなもので、
世界的規模でとらえたら、これはもう「第三次世界大戦」といってもいい。
第一次と第二次は、いかにも「戦争が勃発した!」という形で始まったけど、
21世紀における世界大戦は、こんなふうにして、
いつの間にか世界がのあちこちで局地戦が始まり、
いつの間にかそれが世界に波及し、巻き込まれていく、
……というのが特徴なのではないか、今まさに、それなんじゃないか。

なんてことを、イヤでも考えてしまいます。

「気がついたら、世界は終わってた」
なんてことになるのかも知れない。

なんか、すごくまずい状況の中にいるような感じがします。世界。

そんなことも思いながら、
書いてます、『ミニチュア』。

まもなく、稽古開始。
ぼくたちはぼくたちの戦いを戦います。




スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/1105-db068d3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表によるブログです。
前向きに更新します。

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示