2017-10

この幸せ

仕事の用事や役所に行く用事や故郷にメールする用事や、
あれこれたくさんあるのはわかってるけど、
病院仕事から帰ってきたら、まずは睡眠不足を解消する。
すまん、とりあえず眠らせてくれ。
今日は阿佐ヶ谷駅のエスカレーターで突っ立ったまま寝そうになったぜ。

てなわけで少し頭がスッキリしました。
10feea聴きながら部屋を片付けて、少し命が吹き返る。
へえ、39光年の彼方に生物がいそうな星が見つかったらしいね。
ナントカ星人は、今ごろ何してるんだろうな。
何でもいいから、信号を送ってくれ、おいらの寝ぼけた頭に。

とりあえず伝えたいのは、「ゆで卵を食べたい」ということ。
山ほど食べたい。まっ白なゆで卵。黙々と。次々と。
『夢みるように眠りたい』という映画の中で佐野史郎演じる探偵が、
なにかというとゆで卵を食べていた。というか、
ゆで卵しか食べていなかった。そう、あんな感じ。

あ、鈴木清順監督が亡くなったと今朝のニュースでいってた。
『ツイゴイネルワイゼン』よりも『陽炎座』のほうが好きだったけど、
ひとつ確かなことは、
ああいう映画を作る人はもうこの世に誰もいなくなったということ。
その事実を、いかにして受け止めるべきなのか?

とりあえず今、阿佐ヶ谷パール街を歩きながら、すれ違う人たちに、
「ゆで卵製造機はどこに売ってますか?」
「ゆで卵製造機が欲しいのです」
「ゆで卵製造機のこと何でもいいので教えてください」
と尋ねまくることから始めようか。ふむ。

あ、映画といえば、『ふきげんな過去』なかなかよかったです。
前田司郎の。小泉今日子の。二階堂ふみの。
で、ネットでこの映画のことをバカにしてる人が結構いて、
ああ、やれやれ……と思うよりも、なぜかムラムラとやる気が出ました。
とりあえず五反田団の芝居が観たい。

あとね、『砂の女』の映画が観たい。しかし調べてみたらDVDになってないらしい。
あちゃー。こういうもんかね。砂の女を岸田今日子が演じているのです。
脚本は安部公房自身。高円寺のドラマ館にないかな。
じつは先日、会員証作ったのです。古い映画があれこれあるから。

さて、いろいろ書きたいことはあるのですが(嘘です)、
昨夜、最初の通し稽古をしたら、上演時間が予定をオーバー。
少し脚本を手直し。いや、短くするのはいつも大歓迎。
少し長めに書く→それを短くして引き締める

ひとつ確かなことは、『うつろな重力』は、
自分でとても好きな芝居になりそうだということです。
そして、自分で好きな芝居をお客様に観ていただくというのは、
とてもとても楽しみなこと。

けなされても、バカにされても、なんとも思わない、
さあ、ともかく観てください、
胸張って、そう言える芝居があるという、この幸せ。






スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/1133-8720fa4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表によるブログです。
前向きに更新します。

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示