2017-10

神様にこうべを垂れる

スマホを機種変して以来、いろいろな事務手続き上のメールが来る。
どうでもいいような内容だけど、さも重要そうに書かれていて、
なんかすごく面倒くさい。きっと一切無視しても何も困らないのだけど、
いちいち確認してしまうのは、きっと「スマホという病」なんだろうな。

子供の頃には、ネットという世界はありませんでした。
SF小説の中にも登場しなかった。
たとえば火星にはタコのような火星人がいるとか、
海底には人類の知らない世界が築かれているとか、
そういうのは描かれていました。
そしてそれらは、科学が進めば真実かどうかが判明する空想の物語。
空想と科学とは、根っこのところがつながっているもの、
それが大前提だということを子供心に知っていた気がします。

ところが、ネットというものは誰も想像しなかった。
いや、「未来世界では個人がコンピュータを所有する」
みたいなSFはいくらでも存在した。
しかしネットという「もうひとつの現実世界」の出現は、
おそらく誰も予想しなかったのではないかと思うのです。

いや、フィリップ・K・ディックやギブスンのSFには
それらしきものが描かれているのかもしれない。
しかし、ネットという仮想現実が人間の生活や精神に、
どんな影響を及ぼすかを想像した人は、もしかしたら、
ほとんどいなかったのではないかな。

TwitterやFacebookや、ぼくの知らないアレやコレやが、
人間の在り方にどんな影を落としているのか、
今、まさにぼくたちは、試されようとしている気がします。
少なくともネットだけは、人間の想像力を追い越してしまったような……

朝、満員電車に乗って仕事に行きます。
ビッシリとすし詰め状態の電車の中でも、
多くの人がうつむいてスマホを見ている。
その光景は、なんだか不思議です。
まるで宗教のよう。神に向かってこうべを垂れる信者のよう。

……などということを考えながら『孤独の観察』の稽古しています。

初日は7月12日。
あ、もう1か月切ったんですね。




スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/1153-65f32403
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表によるブログです。
前向きに更新します。

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示