FC2ブログ

2018-08

近況は、こうです。

1か月以上ぶりです。
このページにログインするためのパスワードを忘れてるんじゃないかと
かなりハラハラしました。無事に入れました。

年末年始はちょっと風邪ぎみであまり体調がよくなくて、
なるべく外に出ないで映画と本ばかりの日々でした。
体も心も栄養を欲していたのだと思います。
借りてきた映画を20本くらい観て、読みたかった本をまとめ読みし、
あとはもう、ただボンヤリ、天井か空を眺めていました。

よい映画がたくさんありました。
夢中で一気読みした本も、珍しく「金返せ」と言いたくなるような本も。
理屈は考えないで、素直に、ああ面白かったなあとか、
つまらんなあとか、単純に呑み込む。吐き出す。生理に素直に。

いつもなら、よかった映画や本のことを書きたいところですが、
今日は休みなのに早く起きてしまって、ボケッとすることにします。
仕事が忙しくて、おかげで体調が今ひとつで、
昨夜は帰りの電車の中でいきなり背中に激痛が走り、
きっとこれは精神的なものだからと自分に言い聞かせて、
痛みと同化しよう、と自分に言い聞かせました。

「痛くない状態」と「痛い状態」とがあって、
ふだんは「痛くない状態」にいるから、だから「痛み」が苦痛になる。
ふだんから自分は「痛い状態」がふつう。「痛い状態」が常態。そこが起点。
そう考えると、「痛み」は当たり前になる。

…というようなことを自分に暗示にかけると、
不思議と楽になりました………というのは嘘ですが、
「痛い」と「痛くない」の違いを考えているうちに阿佐ヶ谷到着。
いつの間にか痛みは消えていました。

えー、なんというか、そういう日々です。ちなみに、
「近況は、こうです」というのは大島弓子の、何かの漫画の冒頭のひと言。
てっきり『バナナブレッドのプディング』の冒頭かと思い込んでいたのですが、
さっき調べたら、違いました。じゃあ、何の作品の冒頭だろう……

ぼくは漫画もアニメもすごく苦手で興味なくて、ジブリも満足に観たことありませんが、
じつは、20代の頃にせっせと読んだ漫画家がいます。
大島弓子と、つげ義春。全然違うふたりですが、若い頃の栄養でした。
ふたりとも今も全集を持っています。
どうしても捨てられないもの。

どうしても捨てられないものがどうしても捨てられないのは、
それと初めて出会ったときの自分が、そこにずっといるからだと思います。
何かをどうしても捨てられないのは、
過去の自分をどうしても捨てられないのと同じなのでしょうね。

なんか朝から無益なことをだらだら書いてますね。
今朝はもうコーヒー3杯目です。








スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

突然

コメントして申し訳ありません。
ブログ楽しみにしています。
文章が、表現が、とても心に染み入るのです。
だから、もっともっと日記読みたいです。
楽しみにしています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/1171-9e886b29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示