FC2ブログ

2018-08

『庭』には、庭は出てきません

阿佐ヶ谷パールセンターにはドラッグストアが4軒あって、
どこもちゃんと商売として成り立っているようです。
みんな薬が必要なんだね。
欲しいものがあって朝早くから4軒をハシゴしたのだけど、
開店してすぐなのに、どこもお客さんが並んでる。
ドラッグストア中毒みたいな人も少なくないんだろうな。

ドラッグ中毒ではなくてドラッグストア中毒の話で、
1本芝居が書けないかな。セットが大変そうだけど。

もう10年近く前に書いた『庭』という脚本があります。
30分弱の短編で、今までキャストを変えて2回上演しました。
この『庭』に手を入れてもう一度上演したいと思って、
ここ何日か、古い脚本を眺めています。

最近、自分の書くものの欠点をすごく認識してます。
『カッター』でも、そうでした。あらためて思います。
こういうところがダメなんだなあ、という目で『庭』を見返すと、
その欠点は10年前から如実にあらわれている。
はー、この10年間おいら進歩してないねえ、と思いつつ、
全体的に書き改めてます。

自分の欠点とむりやり向き合う作業ではあるけど、
まあ、それはそれで楽しい。
それに、こうやって書き直してでも、また上演したいっていうのは、
自分はよほどこの脚本を気に入ってるのだろうと思うし。

ひとつのことをずっと続けていると、
たとえば5年前の自分とか10年前の自分とかを、
具体的に振り返ることができるのがありがたい。
あー、あの頃はこんなことに興味があって、こんな考え方をして、
でもって、こんな芝居を書いていたんだなあ、なんて。

『庭』、『黒い夢、白い夢』、『チューバ』という3本立てで、
短編集をやりたいんだけどねえ、なんて書いても、
今まわりにいる人たちはほんんど誰も知らないだろうなっていうくらい、
何年も前に書いた芝居。今なら、もっとよく書けると思うのですよ。

自分の欠陥というのは、その瞬間には全然わからなくて、
ずっと後になってから気がつく。
どうしてその瞬間に気づかないのだろう。

脚本の欠陥だけじゃなくて、すべてにおいて。
なぜ、ずっと後になって、「あ」と見えてくるのだろう。

過去に書いた芝居の脚本を見返しながら、
恥ずかしい思いをしたり、溜め息ついたり、うなったり。
まあ、それもまた人生の味わいでやんす。

いつかどこかで短編集の告知ができますように。










スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/1183-8343fc4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示