FC2ブログ

2018-11

会って手を握り言葉を交わすということ

米朝の首脳会談が決まったとき、
「世界で最も危険な指導者が会うってことは、
1個の爆弾でふたり同時に暗殺できるチャンスだ!」
なんて本気で思ったりもしました。

でも実際にふたりが握手してる姿をニュースで見ると、
「ふたりの人間が実際に会って、目を見て言葉を交わすのだから、
きっとそこには前向きな感情が生まれるだろうし、
少しでも良い方向に向かって欲しい」
という素直な気持ちが湧いてきます。

「本当に出会う」って、やっぱりすごいこと。
出会う前にはいろんな利害やなんか考えていただろうけど、
相手の手を握って、体温を感じることで生まれる何かが、
世界を少しでも変えたらいいなと思います。

世の中にはいろんな争いごとがあるけど、
第三者を通して連絡を取り合ったりするのではなくて、
当事者同士が直接会って言葉を交わせば、
そこから予想もしない展開になることがよくあります。

離婚を決めたあと、弁護士を通してしか連絡しなかった夫婦が、
実際に会って顔を見て話したら、離婚が取りやめになった、
なんて話も聞いたことがあります。
まあ、米朝首脳会談と比べる例としては、めっちゃ不適切ですが(笑)。

でも、こんなことも思い出します。
演劇論の本でもときどき見かけることですが、
人間のコミュニケーションを分析してみると、
純粋に言葉の意味が伝えるものは、全体の8%くらいに過ぎなくて、
残りの90%以上は、表情や顔色、目の動き、しぐさ、オーラなど、
言葉以外のものが伝えている。

だから、演技においては「セリフを上手に言えること」は
じつはあまり重要ではない、みたいな話につながるのですが、
米朝の指導者も、お互いに「言葉以外」の情報をたくさん受け取って、
「あれ、こいつ意外といいヤツじゃん」みたいになればいいと思います。

「会う」というのは、とても大事。
会うことさえしなくなる、それは悲劇的な状況。
日常生活の中でも、よくそういうことあるし。

そんなわけで、今日という日が、
人類にとって少しでも良き日になりますように。

歴史的な1日だと思うので、
ブログを書きました。








スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/1197-7e8ec9c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示