FC2ブログ

2018-08

たまには好きなミステリーのことを書こう

ほお、NHK-BSで
横溝正史の『悪魔が来たりて笛を吹く』をやるんですね。

横溝ミステリーは、かつて角川が『犬神家の一族』を作ったとき
ものすごいブームになって、ぼくも当時ずいぶん読みました。
でも今も時々TVでやるってことは時代を超えて人気なんですかね。

『悪魔が来たりて笛を吹く』は、
地方を舞台にした土俗的な小説が多い横溝作品の中で、
珍しく東京都内が舞台です。
連続殺人が起こる椿子爵の屋敷は六本木にあるのだが、
六本木といっても、時代背景は終戦間もない頃で、
この小説の事件が起こった頃には、椿家のあたりには、
実際にはアメリカ軍の宿舎が並んでいました。

なんでこんなことを知ってるかというと、
以前、某雑誌に日本のミステリーについてのコラムを連載していて、
そのときにこの作品を取り上げたのです。その時いろいろ調べたから。
ちなみにその雑誌は、とっくに廃刊ですわな。

横溝作品の中でもとくに好きなものなので、TVも観たいけど、
うちは地上波しか見れません(笑)。ま、いっか。

横溝映画というと、市川崑監督のシリーズがとくに有名ですが、
残念ながら『悪魔が来たりて笛を吹く』は作られなかった。
別の映画会社が犯人を少し変えて作ったけど、今ひとつだったな。

どうして映画化するときに犯人や真相を変えるんだろう。
もちろん小説を読んで結末を知ってる人ももう1度ドキドキできるように、
という配慮なんだろうけど、ぼくはどちからというと、
「あの結末をどう映像化するんだろう?」という興味で見たい。
「結末を変えてくれるな!」と言いたいです。

市川崑監督の3作目『獄門島』も結末を変えていた。
あー、もったいない、『獄門島』は世界的にも有名な傑作ですぜ。

去年『13・67』というドえらい傑作ミステリーが話題になった陳浩基。
この人のオールタイムベストミステリーも『獄門島』らしいっす。
新宿ブックファーストのポップに書いてありましたっす。
ちょっと意外だけど、うれしいじゃないですか。

『獄門島』は、いわゆる「見立て殺人」てやつで、
童謡の歌詞どおりに殺人が起こるクリスティの『そして誰もいなくなった』や、
ヴァン・ダイン『僧正殺人事件』なんかと同じ系譜。
あと、ほら、クイーンの、靴屋さんの話。タイトル忘れた。

まあ、『獄門島』は童謡ではなくて俳句ですけど。
そう、俳句ってところが日本的で心ニクイじゃないですか。
だから結末は小説と同じにしてほしかったなあ。

横溝作品じゃないけど、坂口安吾『不連続殺人事件』を
曽根中生が映画にしたのがあります。
あの結末は、原作どおり。えらい! みごと!
真犯人の最期の姿、すごくよかった! 配役も大正解!

そう、いわゆる文豪と言われる純文学の作家たちも、
意外とミステリーを書き残してますね。
坂口安吾も『不連続殺人事件』以外にたくさん書いてるし、
谷崎潤一郎がすごく有名だけど、ほかにも芥川龍之介や
川端康成や梶井基次郎や、大岡昇平もね。

文学とミステリーの境界線ギリギリって感じの小説が多いけど、
最近、福永武彦が加田伶太郎という別名で書いた推理小説集が
どこかの出版社から出ました。創元推理文庫かな? 懐かしい。
学生時代、夢中で読んだ作家のひとりです。福永さんも加田さんも。

純文学の作家が書いた推理小説は、どれも不思議な味わいがありますね。
谷崎潤一郎や坂口安吾は、もともと登場人物がちょっと異様な人が多くて、
それがミステリーになると、また違った意味で生き生きしてくる。
もともとおいらは、プロットよりも人物造形で読ませる小説が好きみたいです。

あー、久しぶりに『不連続殺人事件』を読みたくなってきた。
いかん、仕事の原稿の手直しがあるのだ。仕事しなよ。はい。
自問自答しながらコーヒー淹れます。

NHK-BSの『悪魔が来たりて笛を吹く』を見た人、
ぜひ感想を聞かせてください。










スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/1199-98e2276a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示