FC2ブログ

2018-09

今夜は空気がピタリと止まってる

西日本の水害のニュース、見てると胸がモヤモヤする。
家族を失ったり、生活を失ったりすることの心情を想像すると、
なんだかやりきれない気持ちになります。

それと同時に、テレビ局のマイクの向け方というか、取材の仕方というか、
「ふつうそんなこと聞くか?」「そんな質問しなくてもいいだろ」みたいな、
なんとも言えないイヤな感じ。いつも思うけど、
メディアが報道することと、視聴者が知りたいこと聞きたいことは、
どこかでズレてる。微妙にズレてる。あー、なんだろうな、このモヤモヤ。
だからニュースを見なくなっちまうんだ。

それにしても、中学時代の地理の時間に、
中国山地と四国山地に雨雲がさえぎられるから、
瀬戸内海沿岸は雨が少ないって習った気がします。
だから、岡山や広島、愛媛なんかの被害は不思議。なぜ?

今度の水害もそうだし、この前の大阪の地震も、熊本の地震も、
「まさか、ここで?」という場所で災害が起こる。
そういうものなのかな。いつも「不意打ち」。だから被害も拡大する。
場所に関係なく、みんなが覚悟して、
そして準備しなきゃいけないってことなんだろうけど。

ともかく自分がどんな国で、国土で生活してるのかということを、
あらためて考えさせられます。

さて、おいらの日常は相変わらずです。
今週は原稿の手直しがいろいろ戻ってくるので、
なんとなく部屋にいて、いつでも仕事できる体勢にしてなきゃならない。
で、「ここ手直しして!」と連絡くれば、ササッと書き直す。
どうぞなんなりとお申し付けくだされ。

昼間に食べ物を買いに出かけたら、近所に塗装工事やってる家があって、
新しい塗料の匂いを嗅ぎました。懐かしい匂い。

ぼくはペンキ屋の息子なので、この匂いのする家で育ちました。
完全にブルーカラー、社会的には「下の上」くらいの階層。
母親はいつもぼくに「お前はホワイトカラーになってくれ」と言ってました。

最近仕事してる出版社の編集者さんに、
松尾スズキの芥川賞候補作が面白いとすすめられました。
松尾スズキも九州の炭鉱町で育ち、北九州の大学に行った人。
世の中の、下の方の階層で育った人間独特の価値観やものの見方は、
同じ九州のペンキ屋の息子だったぼくとも、どこかかぶってる気がします。

大人計画の芝居は、まだ大人計画がそれほど有名じゃない頃、
明石スタジオなんかで公演やってた頃によく見てました。
有名じゃないのに、小屋の中は超満員ですごい熱気でした。

世の中の、下の方の階層で生まれ育った人間は、
経済的な下克上よりも、文化的なところでの下克上を目指す、
なんか、そのほうがカッコいいよな。

なんてことを考えたせいか、
さっき、久しぶりに『インザプール』を観てました。

今夜も暑いだろうな。暑さのせいで、夜中、眠れません。
じゃあ、寝なきゃいんだけどね。

眠れないと、暗いことばかり考える。
それさえなけりゃあね。








スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/1211-61a7285b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示