FC2ブログ

2018-08

静か過ぎて、ごまかしようのない朝

朝起きたらベッドにリセッシュするのがクセ。
さっきまで自分がそこで寝ていたことの痕跡を消すように。

台風は巨大なリセッシュみたいなもので、
世の中で起こったすべてのことを帳消しにする自然現象。
あるいは、神様のリセッシュ(笑)。今日はきっと無味無臭の1日。

昔は朝起きたら、すぐにエロいこと考えていたこともあった。昔だよ昔。
今は朝起きてもエロいこと考えたりしない、
今朝は、昨夜、半分まで観た映画の後半を見てた。
前に何度も観た映画だから、結末は知っている。
もしかしたら違う結末になってないかなと思ったけど、いつもと同じ。

金曜日にすごく仕事したので、昨日は仕事しないで、
台風だったこともあり、1日中、読書の日と決めました。
読みたい本や読み返したい本を手元に置いて黙々と読む。

読んだ本のことを誰かに話したい、
無性にそう思うのだけど、誰も思いつかないし、
いや、まあ、相手が誰にしても迷惑だろうから、我慢します。
なんて言いながら、ぼくのブログは読んだ本の話が多い。
ひょっとして迷惑かけてますか?

とりあえず最近気がついたのは、
ぼくは意外とアンソロジーが好きだということ。
誰かが編んだアンソロジー。誰か。誰だろう。
ぼくも死ぬ前にアンソロジーを編みたいと思います。
好きだった小説を集めて。
中には、「好きなページ」とか「好きな一節」とか、
「この部分の、この会話が好き」みたいなのもあると思うけど。

『夜空はいつでも最高密度の青色だ』の中に、
池松壮亮がときどき本を借りる独居老人が出てくる。
同じアパートに住んでいて、貧乏で明かりも冷房もつけない。
池松壮亮が「こないだの本、面白かった」と言っても、
ただ「そう」としか答えない。で、その老人は、
熱中症で孤独死して、死後2日後に発見される。

まあ、それだけなんですけどね。
孤独死する本好きの独居老人は、もちろん俳優が演じています。
あ、そうか、これ映画なんだ、脚本があって俳優が演技してるんだ。
その場面になると、いつも、そのことに気がつく。
どうしてだろうな。

なんて静かな朝だろう。
ごまかしようがないって感じの朝だ。









スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/1219-e93f94cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示