FC2ブログ

2018-08

長い長い下り坂をゆっくり下りている

ちょっと近所に買い物に行くだけで全身汗まみれになり、
体の中まで熱い空気で満たされるような感じがします。
この世はどうなるのだろう、と思います。

「温暖化」という言葉で検索すると、
温暖化のメカニズムやその影響を詳しく説明してるサイトがたくさん出てくる一方で、
温暖化なんてじつはウソ、科学的根拠は一切ない、というサイトまで
いろいろ出てきます。どれが本当なのか素人にはわかりません。

しかし、毎日この暑さに直面し、それが日本だけではなく、
世界的にも同じような高温が続いてるというニュースを見ると、
やはり地球的規模で何か異変が起こってるんだろうなと感じます。

地球上に現れた数多くの生物のひとつに過ぎない人類は、
当然いつかは滅びるものだと思いますが、
その時期は案外早いのかもしれない、なんて、つい考えてしまいます。

そして、その後の地球には、今の厳しい環境を生き抜いた、
または厳しい環境から生まれた、まったく新しい生物が繁栄する、
そのことがすごくリアルに感じられます。

最近あちこちで海岸にクジラが打ち上げられるニュースが続いています。
東京湾に迷い込んだクジラもいました。
打ち上げられたクジラの死骸、というのは、
なんだか世界の終末にふさわしい光景のようにも思えます。
何かの警告なんじゃないか?

なんかね、最近、ニュースやワイドショーが扱うニュースが、
本当にどうでもいいことのように思えてしかたない。
事件や騒動を起こす人間も本当にどうでもいいやって感じだけど、
それを報道してるほうも「もうそのへんでいいじゃん」て感じです。

そんな報道するよりも、毎日ゴールデンタイムに、ほんの30分だけ、
今、地球に何が起こっているか?についてじっくり解説する番組を
全世界でやってみてはどうだろう。
それで何かが変わらないだろうか?変化しないかな?

まあ、きっと変わらないんだろうな。
というか、この流れは、もはやどうにもできないのかな。
人類は滅亡への長い長い下り坂を下り始めてるんでしょうかね。
人類だけならまだしも、他の生物や地球という星そのものを、
巻き添えにしないでほしい。せめて。

他の生物たちから、人類に対して、
「滅びるなら、自分たちだけで勝手に滅んでくれよな。
こっちまで巻き添えを食うのは、まっぴらごめんだぜ」
というメッセージが届いてませんか?

なんてことを考えながら、野良猫ソワレにごはんを届ける昼下がり。








スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/1229-8fd08744
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示