FC2ブログ

2018-12

信じないのはよくないが信じ過ぎるのも危険

NHK教育テレビの「昔話法廷」の新シリーズやってますが、
やっぱりなかなかよく出来てます。
今日は、録画してあった「赤ずきん」を見てました。

赤ずきんがオオカミのお腹の中に石を詰め込んで溺死させた「猟奇的殺人」、
これは心神喪失状態で行われた犯行か否か?が裁判の焦点。
なかなか微妙な議論です。そのときの赤ずきんの心理状態を探るのだから。

法廷には、オオカミのお腹に入れられたのと同じ量の石が持ち込まれ、
その犯行の異常さが強調されたりします。

検察は吉田羊、弁護人は竹中直人なのですが、
それに加えて赤ずきんを演じているのが佐藤玲、
そうです、『夜空はいつでも最高密度の青色だ』の中で、
池松壮亮にいきなり電話かけてきて再会した高校時代の同級生の子。

あの子が赤ずきんやると、証言がすべて嘘っぽく聞こえる(笑)。
1本の映画の影響力というかイメージは、なかなか大きいですなあ。

まあ、いつものように結論は出ません。
この番組をもとに教室でどんな議論がされているのか、聞いてみたいものです。

さて、昨夜ちょっと気になることがあったので書き残しておこうと思います。
Twitterを見ていたら、「自分の娘がいなくなった、多分●●という男と一緒のはず。
もし見かけたら連絡してほしい」というツイートが流れてきました。

その子の「親」が書き込みしているらしく、行方不明の子の写真や特徴、
そして、届け出たという警察の電話番号が書き込まれていました。
もちろん、大勢の人がリツイートして捜査協力していました。

しかし、ちょっとへんだなあと思うこともありました。
行方不明の娘を探している親だというわりには、その娘の名前も書かれていない、
警察の電話番号も、他の人に「掲載したほうがいい」と促されて、やっと掲載、
そして何よりも文章が、娘を心配している親の書き込みとは思えないほど稚拙。

なんだかへんな感じがしたので、ぼくはリツートしなかったのですが、
他にも同じような疑いを持った人がいたようで、
「こういう書き込みをしている人物が、じつはストーカーということもあります」
みたいな、ちょっと牽制するような書き込みもありました。

この出来事についてのツートは、今日はもう見当たらないので、
その後どうなったかわかりません。おかしな事件に発展しなければいいなと思います。

Twitterというのは本当にいろんなことに悪用される可能性を秘めています。
やろうと思えば、匿名で書き込むこともできるものだから、
何らかの犯罪に利用されることもあると思います。
悪意はなくても、間違った書き込みをして、それが意外な結果を生むこともあるでしょう。
なんか怖いなあと思います。

そうかと思えば、関西で死体が発見された女性の事件がありますが、
生前、Twitterでストーカー被害について訴えていたそうで、
この場合は、もしかしたらTwitterが犯人の絞り込みの手助けになるかもしれません。

どう使うかによって、便利な道具にもなるし、悪用されることもある。
当たり前のことですが、新しいものが生まれたとき、重要なのは、
それを使う人間の良識だということなのでしょうか。
Twitterとは、場合によっては恐ろしい凶器、あるいは犯罪の「共犯者」になり得る、
とも言えるのでしょう。

この前、お母さんの自転車の後ろのチャイルドシートに乗ってた4、5歳の女の子が、
当たり前のようにタブレットを持って、人差し指で操作していました。
けっこう衝撃的な光景でした。

ここ数年に生まれてきた人たちにとって、ネット社会は、もはや空気のようなもの。
おそらく頭の中の構造や考え方も、まったく新しいのだと思います。
もしかしたら人間という「種」が、少しずつ変化し始めているかもしれません。

せめて、いろいろなものを安全に良識的に使いこなせるように、
ぼくは必死でしがみつき、ついていきます(笑)。



スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/1232-634035bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示