FC2ブログ

2018-12

月曜日の朝、早起きしてももったいない男がいる

朝5時起床。5時かー。
昨夜はあんなに疲れてたんだから、もっと寝たいのに、
あー、年をとるというのは、こういうことか。

いや、もともと早起き体質だから仕方ないのです。
生まれた家が塗装屋だったので早起きになった。
なぜならペンキ職人は太陽が出てる時間しか仕事できない。
暗いと色がわからないからね。なので日の出とともに仕事開始。
結果、我が家は全員早起き。そして今もそれが体質として残ってる。

1度でいいから昼の12時頃起きてみたい。
「わー、もうこんな時間かー」なんて言ってみたい。

5時に起きて、仕方ないから、昨夜も観たNHKの「未解決事件」を
あらためて見直しながら、刑事部と公安部のことをネットで調べたり。

国産の警察小説やミステリーを読んでると、
ときどき「刑事部」と「公安部」の対立、みたいなのが出てきます。
國松長官狙撃事件が今だに「未解決」であるその背景にも、
両者の対立があるわけですが、なぜか小説では「公安」は悪者扱いが多い。
主人公の老刑事なんかが、よく「くそっ、公安のやつらめ」
なんてささやく場面はおなじみ。ありがちです。

もちろんそれは、刑事部の人間を描く物語だから。
もし「公安の側」から描く小説なら、その扱いや構図が変わってくるのでしょう。

もちろん、現実に起こった事件で、両者の対立が理由で未解決になった、
なんていうのは、あまりいいことではないのだろうけど、
でも現実に起こってるわけです。ふむ。

NHKの番組は、そのあたりもきちんと描かれていました。
あのドラマはよく出来てるなーと思います。

それから「仕事しろよ仕事」と思いながらも、
昨日「池袋ウェストゲートパーク」の新作が出ていたのを買ったので、
それをひとつだけ読んで、それから何となくテレビつけたら、
札幌の液状化現象の映像が流れてました。

ぼくが人生でただ1度、肉体労働をやったのは、
警視庁の射撃訓練場の床の張替え工事。

東日本大震災の影響で東京湾沿岸が液状化現象に見舞われ、
そのために床がダメになったのを、せっせと張り替えたのですが、
床板をはがすと、その下の地面は、
かんしゃく起こした子供がグチャグチャにかき混ぜたプリンみたいな、
かなり悲惨な状態になってました。

地震てすごいなあと思いながら半年間も力仕事したのですが、
そのときの記憶がよみがえります。
まだまだ北海道は余震が続いてるようですね。
くれぐれも気をつけてください。

なんのかんのとけだるくて現実逃避してる月曜日、
いや、そろそろ、やるべきことをやろう。
今日は、どうしてもやらなきゃならないことが、ある。

気合いを入れるためにコーヒー飲みます。







スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/1253-da08275c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示