FC2ブログ

2018-12

そうだ、まずは家賃を振込みに行かなきゃだな

今日は珍しく遅く起きました。昨夜の夜更かしのせいです。
遅くまで森田芳光監督の『39』を観てました。
観るのは2回目だけど、やはりこの映画はよく出来ている。すごい。

「39」というのは刑法39条のこと。
心神喪失者を責任能力の無い者とみなし処罰しない、というあれです。

この法律で苦しめられている被害者遺族は、少年法と並んで
日本中にたくさんいると思うのですが、
この映画は、この理不尽ともいえる法律をめぐるミステリーです。
いや、ミステリーという範疇にはおさまらない深みのある人間ドラマです。

何を書いてもネタバレに触れそうだから内容は書かないのですが、
鈴木京香や堤真一はもちろん、法廷で争う検察の江守徹、弁護士の樹木希林、
などの脇の役者もすごく良くて(みんなまだ若い!)見応え十分です。

森田芳光は60代になったばかりで急死したので、
もう今はあまり取り上げる人もいないのだけど、
この監督の作品はハズレが無いといってもいいくらい。
『家族ゲーム』はもちろん、『ときめきに死す』そして『ハル』『キッチン』など、
じつはすごく才能のあった人なんだと思います。

『ハル』は、ネット社会になったばかりの頃に、
ネット世界と現実世界の人間関係の絡まりを描いた先見的な映画で、
今思えば、来たるべき世界を予感していたような気がします。

もしかしたら、この監督は、人間の孤独というか孤立を描くのが上手いのかな。
物語としても、映像表現としても。頭を通過させなくても、直接、心に届くような。
日本映画の隠れた名作をたくさん生み出した監督だよなあと
昨夜はあらためて思いました。『ときめきに死す』ももう1回観よう。

『太陽を盗んだ男』の沢田研二もいいけど、
(アパートの一室で自分で原爆を作ってしまう理科教師ね)、
『ときめきに死す』のジュリーもすごくいいです(暗殺者ね)。

昨夜のことなので、今もまだ興奮さめやらぬという感じで書いてますね(笑)。
いかん、今日の予定を始めよう。

今日はとても涼しいそうです。
最近、野良猫ソワレは、古い空き家の屋根の上で寝てることが多い。
そういう季節なんだな。野良猫が外でうたた寝する季節。

一方のマチネは、最近、30センチくらいの至近距離まで近づいてきます。
はっきり目も合わせるし。もうちょっとで撫でさせてくれるかな。

よし、ちょっと遅いけど、1日を始めよう。














スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/1257-a2652884
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示