FC2ブログ

2018-12

雨の日に野良猫たちはどこにいるのだろう

今日の稽古は夜なのでそれまでに1本映画を観ようと思い、
早朝から犬童一心監督の『ジョゼと虎と魚たち』を観てました。

最初観たとき、とてもいい映画だと思ったけど、
なかなか2度目を観ることができずに何年も過ぎた映画。
それには理由があって、肢体不自由の人の物語だからです。
その気持ちを、うまく説明できないけど、
観る前にちょっとだけ飛び越えるべきハードルがあるというか。
何だろう、この感情。

就職を控えた学生(妻夫木聡)と足が不自由な女(池脇千鶴)。
ふたりの出会い、そして恋、別れまでを描いていて、
とくにセックスのことも隠すことなくきちんと出てくる。

未読だけど田辺聖子の原作からして、そういう内容らしいですが、
そういう意味でも、へんにきれいごとにしてなくて、
何もごまかさず、きちんとした映画で、本当に名作だと思います。

「隠さない、ごまかさない」というは、とても簡単そうで、じつは難しい。
これからは時々観ようと思いました。

ぼくはとくに好きな女優とか聞かれても、あまりピンとこなくて、
だれの名前も挙げないことが多いのですが、
どうしても誰かと言われたら、池脇千鶴を出すことが多いです。
この人のセリフには想像力がぎっしり詰まっていて、
言葉の意味だけでなく、いろんなものが見えてくる。

ジョゼというのは彼女が読んでるサガンの小説からとった名前で、
彼女の部屋には、フランス風のアレンジがされているのですが、
それについては映画の中で一切触れてない。
触れてないけど、そういう設定がスッと心の中に落ちてきます。
久しぶりに観てよかった。

はてさて、「新潮45」の件、なかなか収まらないですね。
誰かが謝れば済むなんていう問題ではなくて、落としどころがわからない。
その一方で社長がコメント出したけど、謝罪の言葉が無いのが問題視されてる。

きっと立場上、謝るといろいろ不都合があるのだろうけど、
でもはっきり謝罪してもいい問題だと思うけどな。
それほどひどい文章だもんなあ。言論の自由の域を超えてる。

そういう意味では「言論の自由」とは何ぞや?という問題でもありそうです。
これから新潮社がどうするのか、気になります。

昨日は1日ずっと雨でソワレに会えなかった。
これからモンプチ持って探しに行きます。







スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/1266-96b9c51f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示