FC2ブログ

2018-12

嵐の夜に、何十年も前のことを想像しています

野良猫ソワレにモンプチをあげたくて探しに出たけど、
結局会えなくて、パールセンターを歩いて帰ってきた。

まだ8時前なのにパールセンターはほとんどの店が閉店。
シャッターがしっかり下りていて、台風にそなえてる。

今ごろみんな、窓を閉め切った部屋で息をひそめて、
台風のニュースを気にしているのだろうか。
何千万人という人が今この瞬間、同じドキドキと不安と恐怖を抱いてる。
そう思うと、なんか不思議ですね。

全然知らない人同士が、同じ気持ちでいる。
すぐとなりで。となりの駅で。ずっと遠くで。

で、明日の朝は台風一過の空を見上げて、
あー、嵐が去ってよかった、と胸をなでおろす。
何か被害があるかもしれないし、何もないかもしれないけど、
そのときの気持ちも、きっとみんな同じ。

強力な台風が、大勢の知らない人たちの心をひとつにする。

へんな話だけど、戦争中って、こんな感じだったのかな。
空襲警報が鳴り、爆撃機の音が聞こえてくる。
どうか自分の上には爆弾が落ちませんように。
そう祈りながら、何百万という人たちが、同じ不安と恐怖を抱いている。

空襲が終わったら、みんな外に出て、空を見上げて、
「ああ、生きてるね、よかったね」と顔を見合わせる。

それとは全然違うかもしれない、
似てるかもしれない、どうななんだろう。

でも、不安と恐怖が、知らない人たちを結び付ける、
その感覚は、似てるのかも。
などと思いながら、風の音を聞いています。





スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/1275-b5bea09d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示