FC2ブログ

2018-12

店名の由来は「玉石混交」らしいです

コンコ堂が良心的でえらいなあと思うのは、
あ、すみません、いきなり本題に入ってますけど、
阿佐ヶ谷駅北口の古本屋コンコ堂の話です。

本の最後のページの右上にエンピツで値段が書いてあり、
その下に「絶版」とか「品切れ」とか「シミあり」とか書き添えてる、
その心使いがうれしい、しかも、絶版や品切れの本だからといって、
高い値段じゃない、あくまでも良心的な値段で売られてる。

古本を買うときって、その本が今も出てるか絶版か、という情報は、
けっこう重要ですよね。知らんうちに出版社潰れてることもあるし。

たとえば、今は亡きサンリオSF文庫の本がたくさんあるのだけど、
それだってコンコ堂ではふつうの値段です。けっこう貴重な小説もあるのに。
これ神保町なら店によっては、ふっかけられることもあるのにね。
まあ、神保町には神保町の流儀があるんだろうし文句は無いけど。

コンコ堂は、すごく客に優しい、そんな感じがします。
だから、ついフラッと寄ってみる。かかってる音楽もいいしね。
先日、ペンギンカフェオーケストラのCDかかってた。
ノーチラスの芝居のM0で使った曲。懐かしかった。

もしもいつか古本屋を開業するなら、こういう誠実さを見習いたい。
つげ義春の漫画に、店舗を持たず、自分の汚いアパートの一室で
古本屋を開業するグータラ男の話があったけど、
ああいうのもいいね。でも、誠実に、良心的に商売する。

まあ、そんなこんなで、コンコ堂で古本を見て、
その足で名曲喫茶ヴィオロンの近くの和菓子屋に寄る、
というのが最近の散歩コース。この和菓子屋の名前は忘れた。
でも安くておいしいです。

阿佐ヶ谷や高円寺にはいい古本屋が何軒かあるのですが、
とくにコンコ堂のことは書き残しておこうと思いました。

いや、BOOKOFFにもよく行きます。
あれはあれでとても便利でいいと思います。
結構な新刊も、安くはないけど、わりと置かれてるし。

グリコ森永事件をモデルにした小説『声の罪』を読みたいけど、
半年前にはBOOKOFFで1000円以上だったのが、
今は800円くらい? どこまで下がるんだろう。
文学のABCみたいな文庫本なら100円均一で買えるし。
あ、黒川博行の最新刊も、もう売ってるね、高いけど。

古本の値段て、誰がどんな理由でつけてるのだろう。
そういうのを考えるのも楽しいです。


*追記
ヴィオロンの近くの和菓子屋さんは「ありん堂」でした。
大きさも値段も手ごろでオススメです。









スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

「ありん堂」15年余り前でしょうか、ヴィオロンに行った時に見つけてびっくりしました
当時住んでいた中野区江古田の家のすぐそばにあったので・・・
訊ねたところ兄弟とのでした


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/1294-31b78414
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示