FC2ブログ

2019-05

2018年12月30日の朝は空が真っ青だ

冬ってこんなに寒いんだっけ。
夜中に目が覚めて本でも読もうと思っても、
本を持つために布団から出した腕が冷たくなって、
すごすごと本を置き布団にくるまる。そんなことの繰り返し。
仕方なくyoutubeでラジオドラマの江戸川乱歩を聴いてました。
こんな寒さが、まだ当分は続くんだろうなあ。

昨夜は高円寺の焼き鳥DIZZにて出版関係の忘年会。
毎年恒例なんだけど、このメンバーだといつもゲラゲラ笑ってる。不思議。
ずっと出版業界にいて、かなった夢(少しだけ)、破れた夢(たくさん)、
でも死ぬまで夢を追い続けていたいねと言ってみんな納得。

仕事も恋愛も結婚も金も、演劇でさえも、はるか彼方の遠景、一過性の幻。
どんなことでも、すぐ目の前で見てると、視界いっぱいにそれだけが広がって、
他のものが何も見えなくなる。近視。ミクロな顕微鏡的な視点。

でも遠く離れて、大きな視界の中に置いてみると、
ああ、世界は「そればっかり」じゃないんだ、いろいろあるんだ。マクロな目。
なんか広々して、スカッとした世界。

あれこれ悩み苦しんだ芝居のことも、
そんな遠い世界の中の、小さな点景として眺めてみる。
そんな気分になるから不思議。不思議だけど気分いい。

さあ、次は何やる? 実現できなくても後悔はしない。
ともかく、みんな、「次」のことを考えてる。なんのかんの言って、
話すのは「次」のこと。来年のこと、その先のこと、ずっと先のこと。

何万光年も先の話をしながら、次の瞬間には明日の生活費のことを心配して、
それでまたゲラゲラ笑う。みんな生きてるなあって感じ。
きっと死ぬ瞬間まで、こうなんだろうな。

芝居だけじゃない、やりたいことは他にもいろいろあった。
全部かなえてから死にたいね。そう思うから生きるのが楽しい。
毎年この忘年会で1年が終わるのは、なんだかとても暖かくて嬉しいです。

気がつくと、いつの間にか自分と演劇との間には、
大きな距離ができている。遠い遠い距離。いろんな勘違い、誤解、誤差。
そんなものが何ひとつ解消されないまま今年が終わっていきます。

今、まわりの人たちが、芝居のことを、ノーチラスのことを、
どんなふうに考えているのか何もわからない。そこには言葉が無い。
そして自分自身も。これから先、どっちに向かえばいいのかわからない。

でもきっと、そんなこともある。そう簡単にわかってたまるか。
ボヤボヤしてるヒマはない。人生は限られている。
わからなくても、迷っても、これでいいのだと進むしかない。
ゲラゲラ笑ってると、そんな気になってきます。

寒い部屋だなーと思いながら熱いコーヒーを飲む朝。
あー、空が真っ青だ。
バカみたいに真っ青です。









スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/1319-c9cd21ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示