FC2ブログ

2019-05

いろんな人生があって、いろんな賭け方がある

ふと気がつくと、身の回りでいろんな人たちが、
前向きに、ひたむきに、自分の人生をかけています。

たとえば某編集プロダクションの社長さん、
もう長年の付き合いになる人だが、
去年の年末に都落ちして関東近県某所に事務所を移転しました。
出版不況の荒波をもろに受けて撃沈寸前なのですが、
それでも出版という仕事にこだわりたいと必死の思い。

「原稿料を下げさせてくれ」と頭を下げてきたときには、
珍しくお互いに「好きで入ったこの業界でギリギリまで頑張りたい」
と肩をたたき合った。まあ、原稿料の下げ幅には驚いたけど(笑)。

仕事が順調なときよりも、今のような状況こそ、
社長としての彼の手腕の見せ所なのでしょう。
彼は今、まさに自分の人生をかけています。
もちろんぼくも出来るだけのフォローはする覚悟。

そんな視線で見たら、人生かけてる人がまわりには大勢いる。
出版関係の人、演劇関係の人、学生時代の友人……

他人のことは、はた目には「なんだ、あれくらい」と軽く見えがちだけど、
「必死さ」はみんな同じ。
人生の価値がみんな同じであるように。

必死に戦って敗れ去った人も大勢知ってる。だからこそ、
本気で戦ってる人には加勢をしたい。
手を貸したり、時には身を引いたり。

そして僕自身も、今まさに、人生をかけたバトルを始めています。
その結果は、いずれまた。勝っても負けても後悔はせぬ。

そんなことを思いながら新年一発目の原稿締切りをクリアして送信。
よし、いい気分。去年から、「締切り守る率」がすごく上昇してないか?
僕が編集者なら、こういうライターに仕事依頼するね(笑)。

神様、今年もどうか、面白い仕事がきますように。
いや、面白くない仕事でもいいです。真面目にやります。

そしてもうひとつ、今、ぼくの人生に、
「賭ける価値のあるもの」を与えて下さったことに感謝します。

……なんて言いながら、今年はまだ初詣に行ってません。
じつは、ふだんから神社によく行ってるから。正月は人に譲ります。

動き出した世の中の歯車の、
ギシギシという音が耳に心地よい。














スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/1324-ea651351
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示