FC2ブログ

2019-02

暖かくて眠気がこみあげてくる月曜日

素朴な疑問なのですが、出演者が逮捕されたからといって、
その映画が観られなくなるというのは、どういう理屈なのですか?

それが、さも当たり前のようになってるけど、
考えてみたら、理由がよくわからない。どんな因果関係?
倫理的配慮みたいな感じ? 不思議な慣習だなあと思う。

「観たくない」という人は観なければいいし、
「それでも観たい」という人がいるのであれば、
「作品」として生かし続けたほうがいいと思う。
「作品」には何の罪も無いのだし。
……という考え方ではダメなのですか?

最近寒かったせいか、朝起きる時間が少しずつ遅くなっていたので、
挽回しようと思い、今朝は6時に目覚ましをかけていたのですが、
昨夜も遅くまで映画を観ていたので、1日中眠い。

おまけにビジネス書というかなり苦手なジャンルの仕事中なので、
今日はなかなかしんどい1日でしたな。

こう暖かいと、すぐ横にベッドがある部屋で仕事するのは、
まさに拷問です。

昨夜はキエシロフスキー監督『トリコロール赤の愛』。
イレーヌ・ジャコブとジャン・ルイ・トランティニアンが不思議な関係。
トランティニアンは元判事で、今は盗聴癖がある老人。
その飼い犬を車で轢いたのが縁で出会うイレーヌは美貌のモデル。
この奇妙な出会いというか、この設定がすごいなあと思う。

そして「え? ここで終わり? まじっすか?」というラストシーン。
どうやって思いついたんだろう。これにしようって、いつ決めたんだろう。
『青の愛』も『白の愛』も、また観直しましょうかね。

風が強いせいか、いろんなところから、
ガタガタという音やミシミシという音が聞こえてきます。
誰かいるような感じ。揺さぶってる。なんか面白い。

さてメシにするかー。









スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/1357-8c9f7081
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示