FC2ブログ

2019-02

たった8分間の火星旅行ですが…

今朝は急ぎの仕事もなかったので、
8分間の映像をぼんやり見てました。

火星探査車オポチュニティが撮影した火星の映像です。
ゆっくり走る探査車の前に広がる風景は、
アメリカや中国のどこかだと言われても信じてしまいそうな、
殺風景な大地。石や砂に触れながら黙々と走るオポチュニティ。

15年間もずっと火星表面の画像や映像やデータを地球に送り続け、
そして今、その活動を終えようとしています。

15年間。知らなかったです。15年間、火星の表面で活動していたこと。
15年前、ぼくはどうしていただろう。15年の間に何があっただろう。

地球ではいろんな出来事があり、殺し合ったり、だまし合ったり、
誰が何を言ったとか言わないとかで騒ぎたてている。
その間、火星の表面でずっと探査し続けていたなんて、
考えてみたら、なんか不思議です。

火星から見たら、地球は、夜空の小さな光の点でしかない、
ということを、あらためて想像してみる。

いつか火星の表面に誰かが立って、
その小さな光の点を探すときがくるのだろうか。
地球と火星くらいの距離があると、
地球のことを、どんなふうに思うのだろう。

オポチュニティは地球への通信を終えるのですが、
オポチュニティそのものはこれからも火星にとどまるから、
地球人が火星に到達するよりも前に、
他の星の生命体が発見する可能性もあるんだろうな。

機械だとわかるのか、ひとつの生き物だと見るのか、
ひとつの生き物の死骸だととらえるのか、
どうとらえるのだろう、知りたい。

ともかく、その8分間の映像、
ぼんやり見てると、いろんなこと考えて面白いです。
よかったら、ぜひ。








スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/1364-fc4b55ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示