FC2ブログ

2019-10

良いニュースも悪いニュースもありますよね

村上春樹の小説の登場人物には、とくに男性登場人物には、
なぜいつも「どうせ時間はたっぷりある」のだろうか。
それに、何かのピンチに遭遇しても、
「やれやれ」と言うだけで、すっかり落ち着いている。

ドストエフスキーを読んだあとに村上春樹を読むと、
とても同じ惑星上の物語とは思えない。
まったく別の星の話だよね?

いや、べつに村上春樹をディスってるわけではありません。
ただの感想です。

そんな日々ですが、最近はこってりした長編ばかり読んでるので、
たまにはあっさりした短いのを読もうと思い、
ひさしぶりに夏目漱石の『二百十日』を一気読み。

これ、ふたりの友人が阿蘇の噴火口を見物に行く話で、
ずっと会話ばかりなのだけど、
宿の女中などがしゃべる熊本弁もうまく活写されていて、
なんか、面白くてくすぐったい。

この前、渡辺大介君が「日帰りで富士山登山してきた」
という話をしていたけど、あー、なんたるゼイタクな楽しみ、
ちょっとうらやましくなりました。
ぼくも気の合う人と一緒に山歩きでもしてみたい気分。

自発的引きこもり生活をしていますが、そんな日々でも、
良いニュース・悪いニュース、いろいろやってきます。
良いニュースだとばかり思って喜んでいたら、
じつは悪いニュースの前兆だったなんてこともあるし、
その逆もある。だから、そう簡単に喜んだり失望したりしない。

付き合いのある某出版社が移転したという知らせは、
果たして、どうなのだろう。きっと良い方向につながる。それを祈る。

今日はある本を探しに、中野までブラブラ散歩。
ニュースを見ていたら、中野の警察病院から逃げ出した悪者が、
どこかで発見されて中野に連れ戻されたとか。
へえ、そんなことあったんだ。
でも、中野はいつもどおり平和でしたよ。





スポンサーサイト



● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/1440-5fa58005
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示