FC2ブログ

2019-02

見えないバスケットボール

広い場所に出ると、人間はなぜワケもなく興奮するのでしょうかね。

顔合わせ前の助走の稽古2回目。本日は体育館。
最初はみんな、なぜか狭い場所に固まってて、広さに慣れない(笑)。
なんかちょっと悲しい(笑)。

しかし慣れてくると、理由もなく走ったり飛んだりして、
ああ、やっぱり広いって、ありがたい。

いつかこれくらい大きな舞台でやりたいね、
端から端まで、タッタッタッタッタッタッ! と走ってきて、はい、そこでセリフ!!

長い長い距離を走る間に、きっとセリフは役者を追い越して、
さらに広い広い空間を探して拡散するのでありましょう。

舞台の端から端まで、それとも奥から手前まで、長い距離を役者が移動する間に、
きっといろいろなドラマが生まれることでありましょう。

さて、秋公演の出演者11人のうち今日は7人が集合。
早くみんなで本格的な稽古をしたい、つくづくそう思った。
僕はいつも、出演者に恵まれます。とても前向きな気持ちになれた1日だった。

それにしても、2チームにわかれてのエアーバスケットで、
どんどん点数が入るチームと、入らないチーム(笑)。
見えないボールなんだから、ゴールをきめたかどうかは自由に選べるはずなのに、
これもやはり人柄なんだろうか。

自分がシュートした見えないボールがどうなったのか、ひとりひとりに聞いてみたくなる。

帰りは宮城さんとチラシの打ち合わせ。
なんか僕はわけのわからんこと言ったんだろうか? そんなことないよね。
うまく伝わったかな、写真の件。あとでちょっと考えた。
ま、いいか!  きっと伝わった、そう信じよう。

あー、帰り道に、黒澤明のDVD別のを借りてこようと思ってたのに、忘れてた。
『乱』は、ずっと前に観たときよりも100倍くらい面白かった。
で、阿刀田高がこの映画のことを書いてる文章をたまたま読んだのだけど、
それもまた面白かった。ほめてるんじゃなくて、すごくクールな感想。
でも観てない人のために、書きません。ネタバレになるので。

もし『乱』を観ることあれば、阿刀田高の文章も合わせて、ぜひ。

今夜は、ユーラシア大陸くらいの広さのバスケットコートの夢を見ますように。














スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/164-57c767dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示