FC2ブログ

2019-05

カナブンのボタン

暑さのせいで、じゃなくて、寒さにふるえて2晩続けて夜中に起きた。
暑くても寒くても眠れない、人間の肉体とはわがままですなあ。

毎日食べようと思って買い置きしてあるガリガリ君が冷蔵庫にどっさり。
昨日と今日は、なんとなく手が出ない。
夏の忘れものガリガリ君。あ、ガリガリ君てくらいだから、男子なんだね。
ガリガリさんやガリガリちゃんもいればいいのに。

マンションの通路には、じっと動かなくなった緑色のカナブンが、ポツン、ポツン、と。
半袖シャツの、一度もとめなかったボタンみたいに。
カナブンのボタン拾って、シャツに縫いつけて、今年の夏のしるしにしようか。

昨夜は、蜷川幸雄のゴールドシアター『聖地』。
6月の『庭』に出演してくれた豊永さんの御縁で知り合った北澤さんが出演なさっています。

30代が書いた脚本を平均年齢71歳の42人が演じる、といったことは抜きにしても、
舞台のすみずみまで緊張感が行き渡り、緻密に張り巡らされた物語の息遣いを感じた3時間半。
42人が「わーっ」と同じ世界を描き出す、当たり前といえば当たり前かもしれないが、
たくさんの人間がひとつの世界を共有するってこういうことなんだね、と思いました。

芝居って、出演者たちが同じ世界観を持たなければ成立しないものなんだ、
というすごく根本的なことを、あらためて感じました。
まだまだ公演は続きます。よかったら、ぜひ。

いやあ、それにしても、でっかい舞台って、いいねえ~。
でっかい舞台は、その舞台の向こう側にも、
「遥か彼方」が広がってるみたいで。

傾斜が急な客席って、座ってると、なんか宙に浮いてるような気分になる。
宇宙にポツンと投げ出されてるような感じで芝居を観てる。

そういえば、人間とか地球とか太陽系とかって、
秒速何万キロメートルみたいな(いや、もっと速いかな)、
ともかく、とんでもなく物凄いスピードで、
宇宙空間を移動してるそうだよ。きみも、おいらも。

ちょっと気づかないけどね。


スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/175-bac5c6dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示