FC2ブログ

2019-05

演出しながら、ふと思うこと

稽古場を出て帰りの電車に乗ると、
まわりの人たちはすごく普段着の顔をしていて、
まるで遠い世界から日常生活に帰ってきたかのような錯覚。

芝居という「異世界」に出かけてたんだね、おいらたち。

週末稽古お疲れさまでした!
たいへんだったけど、実りの多い週末でした。

演出しているとき、役者たちの全身を見ています。
頭のてっぺんから足の先まで。もちろん、目線や表情も。
考えてみたら、そういうことって、ふだんなかなかやらない。
他人と接するとき、目にするのは、顔と手、くらいかな。
全身をつぶさに見るなんて、家族や恋人でもめったにない。

で、あらためて気づくのは、
人間て全身から、いろんなメッセージというか、情報を発信してるねぇってこと。
きっと本人は意識してないだろうけど、手の動き、指先の動き、
足の運び、足の組み方、姿勢、もういろいろな場所からいろいろな形で、
いろいろなものを語りかけている。

気がつけば、たまにそういうものに見とれてることもあります。
へえ、こんな指の動きするんだ、とか、
なぜあんな歩き方するのかな、とか。

それはもしかしたら演出ってこととは異なる視点かもしれないが、
人体というものが語りかけてくるものの多彩さに、すっかり感心してしまいます。

人は、自分が思っているよりも、
はるかに多種多様な表現方法を持ってるんだぜ、きっと。

芝居を演出するというのは、そんなことを目撃できるという意味で、
なかなかゼイタクな愉しみですな。

そんなことを、つらつら思っていた帰りの電車。
そう考えると、稽古の面白さが、またひとつ増える気がします。

さて、シャワー浴びるか。それからその後、
やさしい小人さんたちが冷蔵庫に冷たいビールを入れておいてくれますように。

あ、そうだ、何回か前のブログに書いた近所の小学生、
じつはあれから、たまに会います。
なんか、昔からの友達のように、気軽におしゃべりしてます。

今日は、近所のお祭りで食べるという「すいとん」のチケットを見せてくれました。





スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/191-705245ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示