FC2ブログ

2019-05

「心」の誕生

遅くに帰ってきて、閉めきっていた窓をあけて部屋の空気を入れ替え、
ベランダに干しっぱなしで冷たくなった洗濯物を部屋に入れ、
それから冷たいお茶をコップに入れてPCの前に座る。

何時間か前までは稽古場で大勢の役者たちと一緒にいたのに、
今は、たまに車の音がするだけの静けさの中にいる。

ほとんど毎日、何時間か必ず稽古場で過ごしていると、
この部屋と、稽古場のカフェと、どっちが現実なのかわからなくなる、
……なんていうのは嘘だけど、
でももしかしたらこの部屋も、よく出来たセットの1部かも、なんて、
ときどき想像してみます。

この部屋のどこかに、現実と虚構の境界線があってさ、
知らないうちに、それをヒョイヒョイ踏み越えてるとしたら、
この世が、ひどく曖昧なものに思えてきて、
それはそれで、なんだか楽しいよね。

『その王国の夜は明けない』の稽古も、いよいよ佳境です。
今日は通し稽古の後、夜は衣装合わせなど。

通し稽古を見ながら、
でもきっと、おいらたちの目の前にあるのは、
後悔とか、悲しさとか、喜びとか、くやしさとか、いとしさとか、
何にしても、ごくごく単純な、素朴な、当たり前のことなんだろうなと、
なんとなく考えてました。

人間という動物が、いつ「心」というものを手に入れたのかは知らないです、
進化の中で、どんなふうにして「心」というものが誕生したのか、
「心」を手に入れる前と手に入れた後とでは、
人間はどう違うのか、「心」を手に入れて、よかったのか、悪かったのか。

もう全然わからないけれど、考えても仕方ないかもしれないけど、
少なくとも「心」をもてあますことなく、
「心」があることに感謝できたらいいなと、
せめてそう思う、思いたい。

なんてことを、通し稽古を見ながらボンヤリ考えていました。

それにしても、
ハッと目が覚めるようないい表情をしたり、
思わず聞き惚れるようなセリフを耳にしたり、
その一瞬がうれしい。

みんな、明日は初めての稽古場だよ。




スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/212-f0e68981
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示