FC2ブログ

2019-02

あったらいいね。

寒かったですね。

今日は若い編集者の人と行動を共にしていたのだが、
自分の仕事に対する熱意のようなものを話してくれて、
聞いてるおいらも、なんだかいい気持ちでした。
出版業界が斜陽といわれる今だからこそ、
仕事に対する彼の純粋な気持ちに、なんだかホッとした。
どんな状況にあっても、自分の仕事に対してプライドを持つって、
本当にすてきなことだと思います。

果たして、おいらはどうなんだか。
自分のことも、あれこれ考えちまった。

先日『黴菌』を観たケラリーノ・サンドロヴィッチが、
市川崑の古い映画『黒い十人の女』を舞台化するというので、
借りてきて、観てみる。
ああ、確かにこれは、舞台でも観てみたくなるね。

あと、前から気になってた『オーケストラ!』。
これは観終わってからあれこれ思い返すのが楽しい映画。

ブレジネフ時代のユダヤ人排斥の嵐の中で、
とあるコンサートの途中で人種問題を理由に演奏を中断させられ、
それ以来30年間タクトを握らずグータラしてた指揮者が、
30年後、かつての楽団のメンバーを再び集めて、
パリでもう一度チャイコフスキーを演奏する、てな話。

この話に、父と娘の物語がうまく絡んできて、
最後のクライマックスの演奏へとつながる。
よく考えたなあ、というようなストーリー。
きっとこれ、脚本書いた人、楽しかっただろうなあ。

ビックリしたのは、ミュウミュウという女優さんが出てたこと。
ずっと昔『夜よ、さようなら』という退廃的な映画がすごく印象的で、
フランス映画って本当に小説みたいだなあ、と思ってたら、
その後『読書する女』という映画では、
お年寄りに本を朗読して聞かせる女性の役をやってて、
ずっと印象に残ってた。こんなところで再会できるなんて。

それにしても、
本を朗読するという職業は、本当にあるんだろうか。
あってもいいよね。






スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/243-8cc39505
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示