FC2ブログ

2019-05

顔合わせ前夜

秋の夜更けに冷たい水を飲むと、
水が食道を流れ落ちていき、胃袋に溜まっていくのが、
まるでレントゲン写真を見ているように、はっきりと感じられる、
その摩訶不思議な感覚。

ああ、そうだ、人間は、内臓を持った動物なんだね。
愛する人の、盲腸までも愛することができるか?……という小説があったな、確か。
誰かが誰かを「愛する」というとき、その愛の及ぶ範囲は、どこまでなのだろう?
表面だけ? 皮膚? 内臓も含む? 口の中までとか?(笑)

明日は「ケプラー」のキャストの初顔合わせ。
みんなに渡す本番の脚本が、やっと第3章までできました(全4章ね)。
解決編(笑)は、もう少し待ってもらうことになりそうですが、
明日は、今度の芝居の全体像を、なんとなく伝えることができるだろうか。

4月にやったオムニバス公演や『フラスコ』などを知ってる人には、
「今回、なんか違うぜ、おい」と思われそうな『ケプラーの憂鬱』。
でも、僕が芝居を観るようになったきっかけは、唐十郎のテント公演であったり、
寺山修司の残党の人たちがやってる芝居であったりで、
今の小劇団世代とは違って、やや過去を引きずった芝居だと思う。
「こんなものも、やってみたい」…そのことを、今回は素直に脚本に出したつもりです。

まあ、いろいろございましょう。

「僕の骨はオリオン座にばらまいてほしい」
かの野尻抱影は、そんな遺言を残したらしい。
今の僕も、そんな気分。

そうか。
オリオン座がきれいな季節が近づいてきますね。






スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/34-39977c4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示