FC2ブログ

2019-05

台風の前

さあ、いよいよ台風か。
たいへんな被害が出てるところもあるようで
こういう言い方は不謹慎なのはわかってるが、
正直ちょっとわくわくしてしまう。

僕が生まれ育ったのは九州ですが、
子供の頃は今よりも頻繁に台風がやってきた。

家は天気に左右される仕事をしていたので、
台風が近づくと家中で息をひそめていたような気がします。
それは子供心にちょっとしたイベント気分で、
みょうにわくわくしていました。

1度、台風が通り過ぎた後に外に出てみると、
近所の商店のシャッターが1枚まるごとなくなっていたことがあった。
今思えば、かなり危険な出来事なのだが、
その時はすごいものを見てるような気分で、
友達といつまでもシャッターのなくなった店を眺めてた。

久しぶりにそんなことを思い出しました。

昨夜は、あけっぱなしの窓から強い風が吹き込んできて
カーテンを丸くふくらませるのを眺めながら
町田康の小説を読んでいたら、
主人公が芝居の公演を打つ場面があって、
それがもういい加減でどうしようもなくて、
結局最後はストリップみたいなことやって客を引きつけるみたいなことになって、
小屋主に叱られたりして、いい年して何やってんだかみたいな感じになって、
でもそれを読みながら、ああ、でも芝居なんてもともとは、
こんなふうにどこか先行きの見えない、いい加減でどうしようもない、
ただもうその場限りのウケだけを狙って、やっちゃえやっちゃえって気分で、
バカやってるのが、しごくまっとうな芝居というものの本来の姿なんじゃないかなんて、
読んだ後みょうに納得してしまい、こういうことで納得してしまうのも、
僕の悪いところというか弱点というか、いかんいかんと思いながらも、
じつは全然いかんとは思ってないわけで。

……と、町田康ふうな文章を真似して書いてみた。

こういう日本語を芝居に生かすには、どうしたらいいのかね。
魅力的な日本語で書かれた文章は、
つい声に出して読んでみたくなるのだが。

ただし、滑舌の悪いぼくには町田康の文章は難物です。

あ、雨だ。
いよいよかな。



スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/378-a707ca10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示