FC2ブログ

2019-05

お世話になりました

DVDを借りにレンタル屋に行くと、
原田芳雄追悼コーナーなんてのが出来てたので、
フェリーニといっしょに『竜馬暗殺』を借りる。

久しぶりに観るのだが、
映画もさることながら冒頭に出てくるATGの文字が懐かしい。
そうだよなあ、多感な時期にATGの映画よく観てたよなあ。
東陽一の『サード』とかホント何度も観た。
寺山修司『さらば箱舟』、増村保造『曽根崎心中』とか黒木和雄『祭りの準備』、
もちろん長谷川和彦『青春の殺人者』、岡本喜八『肉弾』もATG。
『青春の殺人者』の水谷豊と市原悦子のシーンは、
日本映画史に残る名場面のひとつじゃなかろうか。
お若い皆さん、必見ですよ。

トリュフォーやらベルイマンやらアニエス・ヴァルダやらの外国映画も
頭の中でATGと結びついてる。全部が全部じゃなかろうけど。
ともかく今さらながら、青春時代には大変お世話になりましたって感じ。

『竜馬暗殺』は清水邦夫が脚本書いてます。
最後の場面が近づくとハラハラする。
原田芳雄の葬儀で号泣してた石橋蓮司が面白い役。
白黒映画だが、それを逆に利用して着物の模様をきれいに見せてる。
あと、血の色もね。

今、頭の中が白黒世界。

そういえば、というか、当たり前のことなんだけど、
芝居って必ずカラーなんだね。白黒にできないんだね。
いや、照明の具合でできるのかな、ある程度は。
白黒芝居なんて、もし実現できたら画期的ですね。

明日は早起きしてフェリーニ観ようかな。
最近は6時前には目が覚めます。
ほんとに太陽とともに起きて太陽とともに眠る感じ。
原始的ですね、なんか。

まあ、そういうことなんです。

あ、『月光インク』の舞台写真が掲載されました。
ぜひご覧ください!







スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/380-677abb3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示