FC2ブログ

2019-02

挑発と発情と

あと1週間でワークショップが始まります。
それが終われば12月公演に向けての稽古も開始。

いや本当は、すでに少しずつ始まっています。
熱気の中でけだるい時間がゆっくりと過ぎていきますが、
頭の中では12月の次の舞台がグルグル回り始めています。

世間では桑田圭祐の新曲『ハダカ DE 音頭』のお下品な歌詞が
少しだけ話題になってます。僕は正直うらやましい。
いくつになっても下品でいられることが。
死ぬまで何かに「発情」し続けていたいものです。

今日はアメリカの元兵士が、
沖縄に枯葉剤を埋めたことを暴露したというニュース。
枯葉剤なんてちょっと牧歌的な名前だけど、
ベトナム戦争が今も「継続」しているのは枯葉剤のせいだ。

昨夜のテレビの報道番組では、
戦後アメリカは日本を核攻撃の前線基地にしていたというニュース。
国内に原爆が持ち込まれ、北朝鮮や中国に打ち込む準備をしていたらしい。
つまりヒロシマやナガサキについて、誰も反省も後悔もしなかったってことか。

世界地図を出して、地名とか国境線を全部とっぱらえば、
日本て国は、まさにアジア大陸攻撃のために作られた
ちょうどいい基地みたいなものだもんね。

しかも、そこに住んでるのがいつもニコニコしてる従順な人々だったら、
誰だって「よっしゃ、ここに原爆を隠しとけ」って思うよな。

世の中は、いつも何かが挑発してくる。
その挑発に、のるのか? のらないのか……?

なんてこと思っていたら、
宇宙から飛来した隕石に、
生命の材料となるDNAが付着していたというニュース。

いや、まだ決まったわけじゃない。
「かもしれない」ってだけだが、
もしこれが本当なら、やはり僕らは宇宙人てことか。

これって最大の発見、驚天動地のニュースじゃないか?
NHKの夜7時のニュースで大々的に報じられてもいいくらいの。

「隕石から生命の材料発見?! 人類のルーツは宇宙?!」

でも、きっと誰もあんまり興味ないんだな、
人類は「この星にたまたま生まれただけ」かもしれないなんて話。

生命の材料が付着した隕石は、
広い宇宙の中で、きっといろいろな星に落下したのだろう。

その中のいくつの星で生命が生まれ、
いくつの星で文明社会が築かれているのだろう。

……なんてことを、熱気の中でボンヤリ考える。

地には平和を(by小松左京)









スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/396-5761a39f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示