FC2ブログ

2019-05

サナギからかえる

僕が住んでる建物の入り口のところに
数日前から何かのサナギがへばりついていた。

今朝早くにゴミ出しにいくと、
そのサナギから孵ったらしい蛾が羽を広げていた。
ああ、蛾のサナギだったのだ。

全身が黄色い、古代の飛行機のような形の蛾でした。

世間的には、「蝶はきれいなもの、蛾は汚くて気持ち悪いもの」
というふうに思われていて、蛾はなぜか嫌われてるけど、
じつは生物学的には、蝶と蛾には区別はないらしい。
蝶と蛾は同じひとつの仲間なのだ。

よく、蝶はとまるときに羽をとじて、蛾は羽を広げたままとか、
触角の形が違うとかいわれてますが、
その違いは、種類によるちょっとした特徴にすぎないらしい。
生物学的な区別はない、というのが正解だそうです。

してみると、「きれいな蝶、汚い蛾」というのは、
人間の勝手な思い込み、ただの「印象」にしか過ぎないってことか。

実際、欧米では、蝶と蛾を区別しない国もあるらしい。
日本のように、蝶と蛾とでこれほど接し方が異なる国民は、
世界的には少数派、珍しいのだそうです。

小さな思いこみが、蝶と蛾との間の「差別」を生んでいるのか?
人間とは、不思議なものですなあ。

今朝たまたま見つけた、生まれたばかりの蛾、
ぼくはしっかり視線で愛でてあげました。

さて、本日も稽古。今日は冒頭の場面をやってみた。
いつものことですが、最初の5分間くらいをどうするか?
というのは、ものすごい難問です。
でも、うまくいくとすごく気分がいい。

他にも、今まで手をつけていなかった場面をいくつか。
いろんなことに楽しく驚いています。

もちろん、芝居としてはまだサナギどころか、
幼虫くらいかもしれないけど、
羽を広げる日が待ち遠しいです。

明日はいい天気でありますように。
みんな、また明日!!





スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/441-74f19229
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示