FC2ブログ

2019-05

揺さぶれ

最近珍しく、夕方のニュースが海外の話題から始まる。
ギリシャの経済危機、そしてタイの洪水。

アテネでは緊縮策に対する抗議デモやストが起こって
警官隊と衝突したらしい。

似たような光景を最近見たなあと思ってよく考えたら、
数か月前にもロンドンで大規模な騒乱が起こってたっけ。
あれは人種問題がからんだ騒ぎだった。

中東諸国で連鎖した民主化運動もそうだけど、
国の一大事に対して、大勢の人たちが身の危険も顧みずに、
自分の体を張って行動している。

日本ではあまり見られない光景。
民主党の幼稚な政治や東電の愚行に怒る人は大勢いるだろうが、
だからといって誰も立ち上がり、声を張り上げようとはしない。

別に、それがいいとか悪いとかの問題ではない。
でも、海外での一般市民の過激な行動を眺めていると、
「日本は平和でよかったじゃないか」
なんていう愚かな錯覚におちいりそうになる。

この国だって、けっして、
平和でも無難でも穏やかでもないのにね。

ただ、誰も行動を起こさないだけだ。
別の手段で何とかしようとしているのか、
それとも、ただ「おとな」なだけなのか。

いずれにしても、この国にいると、
「平和」という偉大なる幻想の中に飲み込まれそうになる。
「平和」の意味をはき違えそうになる。

僕たちは、どこかで尺度を間違えてないか?
……なんて、海外のニュース映像を見ながら、
ボンヤリ考えたりするのだけど。

それにしても、バンコクの洪水には胸が痛みます。
たった1度だけ行ったバンコク。
毎日夕方に街を襲ったスコールと短時間の洪水。
でも今は、本当に深刻な状態なんだね。

東日本大震災という悲劇が身近に起こったせいか、
水没したバンコクの映像を見ても、
なんだか自分の感性がマヒしたような感じでピンとこない。

でも、それじゃいかん、
それが何千キロ離れた国の出来事であっても、
その悲劇を身近なものとして感じる感覚をきっと持つべきなのだ。

この国が飲みこまれているくそったれな幻想を、
なんとかして振り払わないと。

……なんて夕方のニュース見ながら考える。
でもね、だからといって、
じゃあどうすればいいのか、わからないんだよね。

あー、くそったれめ。
誰か思いきり揺さぶってくれよ。




スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/445-ad79e84a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示