FC2ブログ

2019-02

失った言葉を探す気もない

昨年末にやった仕事の原稿料が早く入りそうなので、
芝居のチケットを何本かまとめて予約。
この「その日暮らし」的な生活のサイクル、
どうにかならんもんかね。

昨夜は『栢子の結婚』の、ある場面を書きながら、
急に『しろいうさぎとくろいうさぎ』が読みたくなり、
机に上って本棚の上を探す。

この部屋ではスペースの関係で
絵本類はすべて本棚の上に積んであるのです。

『しろいうさぎとくろいうさぎ』という美しい絵本は、
何かの事情で結婚だとか愛だとかいうことを考える時、
必ず、手にとってみたくなる1冊。
松岡享子の翻訳がとても優しいです。

この物語を読むと、
なんだかもう難しいこと考える必要なんてないんだと、
とても素朴な気持ちのままでいいんだと、
そういう気持ちになって、ちょっと安心する。

嘘だと思ったら読んでみればいいよ。
あれこれ話をひねったりセリフを考えたりしても、
その後で『しろいうさぎとくろいうさぎ』を読むと、
本当はこれで十分なんじゃないか?と思ってしまう。
なーんかね。

いや、もちろん『栢子の結婚』書くよ。
書くともさ。この脚本、面白いよ、絶対に。

しかしね、『しろいうさぎとくろいうさぎ』だ。
単純にして素朴なものに出会ったとき、
ぼくらは言葉を失う。
言葉なんていらない、と思う。

たまには、そんな気分になって、
ボンヤリしてみるのもいいものです。
寒いし。言葉も凍りつきそうですね。

凍りついた言葉で芝居を書き、
凍りついた言葉で役者が演じて、
それを観客が心の中で溶かしてみる、
……という芝居はどうだろう。

溶けた言葉が、どう響くのか、
それはその人次第。
寒い夜の妄想。

今、映画を借りてきたので、
今夜はこれから映画鑑賞会です。















スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/522-e6c93e97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示