FC2ブログ

2019-05

誰かが、それを、指でそっと並べた

珍しく大井町線で帰ってきて大岡山で下車、
餃子の王将で夕食とって坂道を下り始めたら、
誰かに呼ばれた。

……と思ったら、そうではない、
夜空に金星と月と木星が並んでる。
そうかそうか、夜空に呼ばれたのか。

誰かが、金星と月と木星とを指先でそっとそっとつまんで、
空に並べて置いた……みたいな感じ。

それは誰の指なのでしょうか?

月と地球と太陽とが一直線に並ぶ
キューブリックの『2001年宇宙の旅』の冒頭場面よりも、
もっとキレイだったね。

さて、3月も最後の週となり、4月からは稽古開始。
今年は本公演以外にもいろいろやりたいと考えています。
ちょうどそんな時期に来てるという予感です。

ところで最近ちょっと思うこと、
過去公演の出演者たちが時々集まって飲んだりしてるらしいのだが、
そういうイベントに僕はまったく呼ばれないんだよね。
声もかけられず、後になって「ああいうことがあったらしい」と
風の噂に聞くだけ。これは寂しい話です。

ノーチラスというのは決まった劇団員を置かず、
公演ごとに人を集めて芝居をやってるのだから、
役者たちが集まって楽しんでる時に僕を呼ぶ理由は無いのだろう。
ノーチラスとは関係の無いイベントなのだろうし。
でもまあ「……ふうん、そういうものか」と思う今日この頃。

ノーチラスの芝居に出演してくれた人たちが
あとあとまで仲良くしてるのはとても嬉しいことです。
で、その代表という立場の僕がまったく声もかけられないというのは、
これはいわば宿命みたいなものなのかな。

僕は黙ってせっせと作品を創ればいい。
そういうことなのかもね。

そう、だから、せっせと創る。
そんな年にしよう。稽古場が待ち遠しい。
今までやらなかったような稽古をしよう。
稽古場の空気をガラリと変えよう。

そんなことを1日中ずっと考えてる時期です。

男性脳は、かつて狩猟生活していた時代の名残りで、
遠くのものを大雑把に見るのが得意なのだそうです。

目の前の小さいことに気がまわらず、
物事をアバウトにとらえるのは、
狩猟者としての習性が残っているから。

僕の獲物はどこにいるのだろう。
はるか遠くを眺めてる。
数万年前に生きていた人間が、今の自分の中に息づいてる、
そう考えるだけでクラクラする。

まだまだ獲物を探します。













スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://theaternautilus.blog99.fc2.com/tb.php/562-5ccf0711
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

TheaterNautilus

Author:TheaterNautilus
シアターノーチラス代表・今村幸市によるブログです。
年に2~3回、オリジナルの脚本による芝居を上演しています。
次回公演は2018年10月です。
http://theaternautilus.
web.fc2.com/index.html

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示